トップページ > ブログトップ

楽器買取専門店 楽器買取No.1のブログ

Sadowsky Audio(サウドスキー)のSA200について【アンプ】

Sadowsky Audio(サウドスキー)のSA200は一時期なかなか手に入らず、幻のアンプとさえ言われていました。
SA200のデザインはSadowsky Audio(サウドスキー)を創設したRoger Sadowsky氏によるもので、真空管をプリ/パワー部の両方に用いています。
フルチューブアンプ特有の豊かで図太く、立体的なサウンドが魅力で、現代の音圧のあるアンサンブルでも埋もれる事はありません。
奏者のニュアンスも限界までダイナミクスが引き出してくれます。
インプット・パッドはヘッドルームのゲインをベースの出力に合わせて調節出来ますし、FATスイッチはダイナミックレンジの広いすっきりとしたクリーンと、温もりあるハイゲインサウンドが切り替えられます。
強靭なシャーシを備えるどっしりとしたボディや、定期的な真空管の交換など、フルチューブアンプになじみのない方にとってはとっつきにくい部分もあるかもしれません。
しかし音の質の高さを考えれば、それも大した問題ではないでしょう。
現在はイヤーモニターやライン録音が主流となってきてはいますが、そんな中でのアナログスピーカーの出力は、抜群の存在感と個性を生み出す事が出来ます。
フルチューブアンプは未体験という方にも、ぜひおすすめしたいですね。

プロのベーシストからの人気も高く、現場でも欠かせない存在となっているSadowsky Audio(サウドスキー)のSA200。
皆様もその魅力をぜひお確かめになってみてください。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Native Instruments(ネイティブ インストゥルメンツ)のMASCHINE MIKRO MK3について【エフェクター】

ハンズオンでの楽曲制作の創造性を高めたい。
そんな方におすすめしたいのがNative Instruments(ネイティブ インストゥルメンツ)のMASCHINE MIKRO MK3です。
コンパクトでありながら、パッドを叩けばメロディーやビートを作る事が出来ますし、トラックなどのアイデアも即座に形に出来るでしょう。

Native Instruments(ネイティブ インストゥルメンツ)のMASCHINE MIKRO MK3は楽曲作りのためのインストゥルメントで、コンパクトなボディに力強いソフトウェアと高感度のハードウェアを備えています。
これを使えばビートのハンズオンでの作成やメロディーの演奏などを、外出先でも簡単に行う事が出来るでしょう。
ハードウェア・ソフトウェアともに柔軟な対応が可能で、DAWやスタンドアローンで動作します。
ドラムビートに優れたPad mode、メロディー演奏向きのKeyboard mode、コード進行を簡単に作れるChord mode、ビートやパターンをプログラムするStep modeと、4つの方法で16のパッドを用いたハンズ操作が行えるようになっています。
素早く作業出来るツールもソフトウェアに搭載されており、思い付いたアイデアをすぐに形に出来るでしょう。
備わっているサウンドとエフェクトは、スタイルを問わず大活躍してくれます。

Native Instruments(ネイティブ インストゥルメンツ)のMASCHINE MIKRO MK3はラップトップで音楽を作りたいという方にぴったりのモデルです。
皆様もMASCHINE MIKRO MK3で今以上にクリエイティブな音楽作りをしてみませんか?

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

YAMAHA(ヤマハ)のYAS-480について【サクソフォン】

これからサックスに挑戦しようという方におすすめのモデルの一つが、YAMAHA(ヤマハ)のYAS-480です。
お手頃価格ながら音も良く、操作もしやすくなっていますので、初めての方でも楽しみながら演奏する事が出来ますよ。

経験豊富な職人の手で作られるYAS-480には、YAMAHA(ヤマハ)がサクソフォンの上位機種を作る中で得た技術と最先端技術が存分に生かされています。
音程に狂いはありませんし、キィレイアウトはしっかりと手になじみますのでなめらかに操作出来ます。
吹き心地には安定感があり、豊潤でありつつすっきりとタイトな響きと抜群の反応が魅力です。
軽くて耐久性が高い事に加え、メンテナンスもしやすいように作られていますので、長くお使いいただくのにも向いていますね。
キィの連絡部分の性能を高めた事によって低音部もより良い発音が得られており、なめらかに音階を出す事が出来ます。
またサックスにおいてネック部分の音の鳴りは非常に重要ですが、YAS-480はその鳴りも申し分ありません。
さらにYAMAHA(ヤマハ)のカスタムシリーズのネックと交換出来るようにもなっていますので、個性を出したいという時にも便利です。
本体の彫刻は手彫りで上質な印象を生んでおり、音色や操作性だけでなく、デザイン面においてもご満足いただけるのではないでしょうか。

皆様もYAMAHA(ヤマハ)のYAS-480でサックスに挑戦してみませんか?

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Gibson(ギブソン)のLes Paul Studio2019 Tangerine Burst【エレキギター】

今回はGibson(ギブソン)のエレキギター、Les Paul Studio2019 Tangerine Burstをご紹介します。
Gibson(ギブソン)のLes Paul Studio2019 Tangerine Burstは2019年モデルのLes Paul Studioで、Les Paulスタンダードの仕様を受け継ぎつつ、ボディトップにはプレイン・メイプル、バックにはマホガニーを採用しています。
ボディーバインディングがなくなっている点も、Les Paulスタンダードとは異なりますね。
これらの仕様変更によって高いコストパフォーマンスを実現した点がLes Paul Studio2019 Tangerine Burstの特徴です。
またLes Paulらしいウッドマテリアルに、鳴りと軽量化を考慮したウルトラモダーン・ウェイトリリーフもプラスされています。
ブリッジとテールピースはアルミ製とした事でボディにしっかりと弦の振動を伝える事ができ、より良い鳴りが得られます。
スリムテーパーのネックによって高い演奏性も実現していますね。
力のある490Rと498Tをピックアップとして備えている点は実にGibson(ギブソン)らしいと言えます。
またコイルタップはそれぞれのボリュームノブを引っ張れば行えるようになっており、鋭く鮮明な音色も、パワフルで押しの強い歪んだ音色も思いのままです。
美しいTangerine Burstカラーもとても魅力的ですね。

Les Paul Studio2019 Tangerine Burstは、随所にGibson(ギブソン)のこだわりが感じられるギターに仕上がっています。
皆様もぜひその魅力をご堪能ください。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

RICKENBACKER(リッケンバッカ-)の4003(Fireglo)について【ベース】

RICKENBACKER(リッケンバッカ-)の ベースといえば4001が定番モデルで、他にはない見た目と音色から高い人気を誇っています。
今回はそんな4001を受け継ぐ、RICKENBACKER(リッケンバッカ-)の4003をご紹介しましょう。

RICKENBACKER(リッケンバッカ-)の4003(Fireglo)はボディとネックにメイプル、指板にローズを採用しています。
ネックはスルー構造、ピックアップにはオリジナルハイゲインピックアップが搭載されていますね。
RICKENBACKER(リッケンバッカ-)ならではの中音域の豊潤さに加え、ローミッドが厚みのある低めの重心となっている事で、パワフルで痛烈な音が生み出されます。
単にファットなだけでなくどっしりとした存在感のある音色はさすがRICKENBACKER(リッケンバッカ-)という印象で、多くの人々を魅了してきたのもうなづけます。
また4003(Fireglo)はプッシュ/プル式のトーンポットをリアに配し、スタンダードとビンテージとを選ぶ事が出来るようにもなっています。
スタンダードは轟くような響きのパワフルな鳴り、ビンテージは甘いローゲインサウンドと、全く違ったサウンドでの演奏を可能にしてくれます。
さらにFiregloカラーの美しさも、RICKENBACKER(リッケンバッカ-)の魅力の一つと言えるでしょう。

RICKENBACKER(リッケンバッカ-)の4001がお好きな方も、まだ体験した事がないという方も、ぜひ4003(Fireglo)をお手に取ってみてください。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0
1 / 15012345...102030...最後 »

トップページ > ブログトップ

楽器買取方法とメニュー 買取楽器一覧
  • 鍵盤楽器
    電子ピアノ、エレクトーン、アップライト・グランドピアノ等
  • 木管楽器
    サックス、クラリネット、フルート、オーボエ等
  • 金管楽器
    トランペット、トロンボーン、ホルン、チューバ等
  • 弦楽器
    エレキギター、アコースティックギター、ベース、バイオリン等
  • 打楽器
    ドラム、電子ドラム、コンガ、ティンパニ、ボンゴ等
一覧
ブログランキング参加中
にほんブログ村 音楽ブログへ  

  • SEOブログパーツ

Return to page top