トップページ > ブログトップ > Moog(モーグ) | シンセサイザー買取 > MOOG(モーグ)のSUB PHATTYについて【シンセサイザー】

MOOG(モーグ)のSUB PHATTYについて【シンセサイザー】

シンセサイザーのメーカーと言えば、MOOG(モーグ)を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

MOOG(モーグ)というメーカー名は、ロバートモーグ博士の名からとられています。
ロバートモーグ博士はモジュラーシンセサイザーの心臓部を開発した事で「シンセサイザーの父」と呼ばれており、シンセサイザー界ではなくてはならない存在なのです。

今回はそんなMOOG(モーグ)のシンセサイザー、SUB PHATTYをご紹介しましょう。
SUB PHATTYは、MOOG(モーグ)の昔ながらの実用性の高いデザインやリアルタイム・サウンドをしっかりと受け継ぎつつ、それでいて攻撃的なサウンド・デザインや数々の新機能が搭載されています。

即座にウォームアップでき、正確に演奏ができる。
そんなシンセサイザーを作り出すべく、SUB PHATTYは開発されました。
まず大きな特徴は新しいマルチドライブでしょう。
音に温かみが欲しい時にはマルチドライブを少しかける程度、逆にうなり声が欲しい時にはたっぷりとかけてみてください。
これまでにないアナログならではの音色を味わう事ができるでしょう。

またミキサー・セクションにはサブ・オシレーターが含まれることで、深みがプラスされ、されにそれぞれの好みに合ったモーグ・ベースを表現できるようになっています。
操作パネルも容易に操作できるように作られています。

MOOG(モーグ)のSUB PHATTYはこれまでにない音を体験したいという方にぴったりではないでしょうか。

楽器買取No.1ではシンセサイザーの買取も行っております。
お手元に不要になったシンセサイザーをお持ちの方、買替をお考えの方は、ぜひ楽器買取No.1までご相談ください。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================


トップページ > ブログトップ > Moog(モーグ) | シンセサイザー買取 > MOOG(モーグ)のSUB PHATTYについて【シンセサイザー】

楽器買取方法とメニュー 買取楽器一覧
  • 鍵盤楽器
    電子ピアノ、エレクトーン、アップライト・グランドピアノ等
  • 木管楽器
    サックス、クラリネット、フルート、オーボエ等
  • 金管楽器
    トランペット、トロンボーン、ホルン、チューバ等
  • 弦楽器
    エレキギター、アコースティックギター、ベース、バイオリン等
  • 打楽器
    ドラム、電子ドラム、コンガ、ティンパニ、ボンゴ等
一覧
ブログランキング参加中
にほんブログ村 音楽ブログへ  

  • SEOブログパーツ

Return to page top