トップページ > ブログトップ > YAMAHA(ヤマハ)ギター買取 > YAMAHA(ヤマハ)のGC-22Cについて【ギター】

YAMAHA(ヤマハ)のGC-22Cについて【ギター】

ギターは使われている素材によって音色に違いが出ます。
例えばローズウッドが使われているギターですと、音色に深みと豊かさが感じられますね。

そんなローズウッドらしい音色を楽しみたい時には、YAMAHA(ヤマハ)のGC-22Cはいかがでしょうか。

YAMAHA(ヤマハ)のGC-22Cはローズウッドの単板を裏板と側板に使ったオールソリッドモデルのギターです。
ブリッジにもローズウッドを使っており、表板には米杉単板、ネックはマホガニー、指板はエボニーとなっています。

表板に関しては特に厚みにおいて研究と改良を重ねた事で、十分なボリュームのある音量と明るく立ち上がりの良い音色が得られようになりました。
また新しい響棒配置によってどの音域でもバランスの良い鳴りが実現しています。

ネック背面やブリッジは従来と比べて半分ほどの薄さの塗装になっており、これによって振動のエネルギーをギター全体に伝える事ができ、高い演奏性を得られています。
振動伝達をより効率的に行えるように高精度で加工された下駒枕や溝によって、申し分のない音の立ち上がりも備わっています。

音色の美しさと素晴らしい鳴りを備えた本格的なギターと言って良いのではないでしょうか。

これからクラシックギターを始めたい。
そんな方が初めて持つギターとしてもYAMAHA(ヤマハ)のGC-22Cはおすすめです。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================


トップページ > ブログトップ > YAMAHA(ヤマハ)ギター買取 > YAMAHA(ヤマハ)のGC-22Cについて【ギター】

楽器買取方法とメニュー 買取楽器一覧
  • 鍵盤楽器
    電子ピアノ、エレクトーン、アップライト・グランドピアノ等
  • 木管楽器
    サックス、クラリネット、フルート、オーボエ等
  • 金管楽器
    トランペット、トロンボーン、ホルン、チューバ等
  • 弦楽器
    エレキギター、アコースティックギター、ベース、バイオリン等
  • 打楽器
    ドラム、電子ドラム、コンガ、ティンパニ、ボンゴ等
一覧
ブログランキング参加中
にほんブログ村 音楽ブログへ  

  • SEOブログパーツ

Return to page top