トップページ > ブログトップ > GIBSON(ギブソン)ギター買取 > GIBSON(ギブソン)のL-50 1964について(ギター)

GIBSON(ギブソン)のL-50 1964について(ギター)

GIBSON(ギブソン)には人気の機種が沢山ありますが、L-50も1932年の発売から現在に至るまで、多くのギタリストに愛されているギターですね。

ただGIBSON(ギブソン)のL-50はいつ作られたかによって仕様が異なりますので、ひとまとめに「L-50とはこのようなギターである」と説明するのは難しいギターでもあります。

1964年製のL-50 1964ですと、トップにスプルース単板、サイドとバックにメイプル、ネックにマホガニー、指板にはハカランダが使われています。
ディッシュインレイとバウンドフィンガーボードのビンテージアコースティックアーチトップとなっており、ネックグリップは少々薄め、ナット幅は43mmですね。

50年代のGIBSON(ギブソン)というと音色の骨太さが特徴でしたので、その流れを汲むL-50 1964もしっかりとした弾きごたえのあるギターとなっています。
スイングジャズやブルースを演奏するのにも向いたL-50 1964ですが、弾き語りに使えば奥深く味のある演奏ができるでしょう。

身体に無理なく密着してくれる、抱えやすい形をしていますので、演奏の際も負担を感じずに済みます。

GIBSON(ギブソン)のL-50は今回ご紹介したL-50 1964以外にも色々な仕様のものが存在しますので、色々お試しになってその違いを味わってみるというのも楽しいかもしれませんね。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================


トップページ > ブログトップ > GIBSON(ギブソン)ギター買取 > GIBSON(ギブソン)のL-50 1964について(ギター)

楽器買取方法とメニュー 買取楽器一覧
  • 鍵盤楽器
    電子ピアノ、エレクトーン、アップライト・グランドピアノ等
  • 木管楽器
    サックス、クラリネット、フルート、オーボエ等
  • 金管楽器
    トランペット、トロンボーン、ホルン、チューバ等
  • 弦楽器
    エレキギター、アコースティックギター、ベース、バイオリン等
  • 打楽器
    ドラム、電子ドラム、コンガ、ティンパニ、ボンゴ等
一覧
ブログランキング参加中
にほんブログ村 音楽ブログへ  

  • SEOブログパーツ

Return to page top