トップページ > ブログトップ > Pahu Kani Ukulele(パフカニウクレレ)、ウクレレ買取 > Pahu Kani Ukulele(パフカニウクレレ)のMaile Tenor Custom 2010sについて【ウクレレ】

Pahu Kani Ukulele(パフカニウクレレ)のMaile Tenor Custom 2010sについて【ウクレレ】

ハワイにはハンドメイドでウクレレを作る工房も多く、Pahu Kani Ukulele(パフカニウクレレ)もその一つです。
Pahu Kani Ukulele(パフカニウクレレ)のウクレレは質も高く、厚い支持を得ていますが、Manny Halican氏個人によるハンドメイドという事もあって製作数には限りがあります。
そのためPahu Kani Ukulele(パフカニウクレレ)のウクレレは日本にはなかなか入ってきませんので、ご存知の方は少ないかもしれません。
今回ご紹介するMaile Tenor Custom 2010sのベースはテナーサイズのウクレレですが、少し変わった現代的なデザインとなっているのが特徴です。
いくつもの小さなサウンドホールをトップとサイドに、またトップ前面にはマイレのレイウッドインレイを配しています。
材はイングルマンスプルースをトップに、ボリヴィアンローズウッドを指板とブリッジに、サイド&バックには主にハワイアンカマニウッドを用いつつ、ミロをバックのセンターに使っています。
弦はブリッジピン留めによってホールドされています。
デザインが個性的であるのはもちろんですが、ハワイならではの材が選ばれているというのも魅力的ですよね。
Maile Tenor Custom 2010sは音色ももちろん魅力にあふれています。
甘くファットな音色は申し分のない音量も備え、幅広いレンジもございます。
ソロでの演奏の際には甘いトーンのメロディで癒しの時間を演出する事が出来るでしょう。
テンションも強過ぎず、女性でも無理なく演奏をお楽しみいただけます。

本場ハワイの「ハワイらしさ」が感じられるウクレレが欲しい。
そんな方にはぜひPahu Kani Ukulele(パフカニウクレレ)のMaile Tenor Custom 2010sをおすすめしたいですね。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================


トップページ > ブログトップ > Pahu Kani Ukulele(パフカニウクレレ)、ウクレレ買取 > Pahu Kani Ukulele(パフカニウクレレ)のMaile Tenor Custom 2010sについて【ウクレレ】

楽器買取方法とメニュー 買取楽器一覧
  • 鍵盤楽器
    電子ピアノ、エレクトーン、アップライト・グランドピアノ等
  • 木管楽器
    サックス、クラリネット、フルート、オーボエ等
  • 金管楽器
    トランペット、トロンボーン、ホルン、チューバ等
  • 弦楽器
    エレキギター、アコースティックギター、ベース、バイオリン等
  • 打楽器
    ドラム、電子ドラム、コンガ、ティンパニ、ボンゴ等
一覧
ブログランキング参加中
にほんブログ村 音楽ブログへ  

  • SEOブログパーツ

Return to page top