トップページ > ブログトップ > VOX(ヴォックス)、キーボード買取 > VOX(ヴォックス)のContinental 73について【キーボード】

VOX(ヴォックス)のContinental 73について【キーボード】

ライブで使い勝手抜群のキーボードといえば、VOX(ヴォックス)のトランジスター・オルガンであるContinentalを挙げる方も多いのではないでしょうか。
1960年代生まれのContinentalは絶大な人気を集めたモデルですが、VOX(ヴォックス)は当時のContinentalを蘇らせつつ、現代の音楽シーンに適した仕様の新たなContinentalを誕生させました。
生まれ変わったContinentalには61鍵モデルと73鍵モデルがございますが、今回は73鍵モデルのContinental 73をメインにご紹介したいと思います。

まずContinental 73にはさまざまな機能が搭載されていますが、それらの機能に簡単かつ瞬時にアクセス可能なインターフェイスも備わっています。
フロント・パネルにはORGAN、E.PIANO、PIANO、KEY/LAYERのそれぞれの独立したパートが配置されており、オン/オフ/レイヤーの切り替えも即座に行えます。
シーン・メモリーではプログラムなどの設定を素早く呼び出せますし、タッチ・センサーを使えば各種パラメーターの操作が可能です。
音源はライブで重宝出来るオルガンにアコースティック・ピアノ、エレクトリック・ピアノなど、いずれも質の高いものばかりですね。
ORGANパートではトランジスター・オルガン音源であるVOXとCOMPACT、トーンホイール・オルガン音源CX-3の3つのサウンド・エンジンが採用され、ヴィンテージ・オルガンならではの音色や演奏を存分にお楽しみいただけます。
E.PIANOパートのリアルでたっぷりとした倍音、PIANOパートの豊かな表現力、KEY/LAYERパートの豊富なバリエーションと、全てがライブ演奏の質をさらに高めてくれるでしょう。
エフェクト・セクションも多彩でパワフルですし、コントロール用のスイッチやノブの操作もごくシンプルです。
バルブ・ドライブは新真空管Nutubeのものが採用されている事で、真空管ならではの温もりや抜群の存在感も生まれています。
セミ・ウェイテッド・ウォーターフォール鍵盤はオルガン、ピアノ、エレクトリック・ピアノのどの奏法にもしっかり対応してくれるでしょう。
さらにダイナミクス・ノブを使えば、打鍵の強さの違いによる音色の変化や音量の調整も可能です。

VOX(ヴォックス)のContinental 73はロックやジャズなどジャンルを問わず、ライブでその真価を最大限に発揮してくれるキーボードと言って過言ではないでしょう。
オリジナルのContinentalファンの方にもそうでない方にも、ぜひお試しになってみていただきたいですね。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================


トップページ > ブログトップ > VOX(ヴォックス)、キーボード買取 > VOX(ヴォックス)のContinental 73について【キーボード】

楽器買取方法とメニュー 買取楽器一覧
  • 鍵盤楽器
    電子ピアノ、エレクトーン、アップライト・グランドピアノ等
  • 木管楽器
    サックス、クラリネット、フルート、オーボエ等
  • 金管楽器
    トランペット、トロンボーン、ホルン、チューバ等
  • 弦楽器
    エレキギター、アコースティックギター、ベース、バイオリン等
  • 打楽器
    ドラム、電子ドラム、コンガ、ティンパニ、ボンゴ等
一覧
ブログランキング参加中
にほんブログ村 音楽ブログへ  

  • SEOブログパーツ

Return to page top