トップページ > ブログトップ > 楽器について > YAMAHA(ヤマハ)のLS6 AREについて【ギター】

YAMAHA(ヤマハ)のLS6 AREについて【ギター】

YAMAHA(ヤマハ)のギターの中でも特に代表的なシリーズといえば、1974年発表のL-31から始まるLシリーズではないでしょうか。
Lシリーズは愛用者も多く、幅広いアーティストから支持されています。

今回ご紹介するLS6 AREは、Lシリーズを受け継ぐL6シリーズのうちのひとつです。
まずLS6 AREのトップに使用しているイングルマンスプルース単板は、A.R.E(Acousutic Resonance Enhancement)処理されています。
このA.R.E処理はYAMAHA(ヤマハ)によって開発された技術で、長く弾き込んだような豊潤な鳴りを短期間で生み出す事が出来る点が大きな特徴です。
また質の高い音量バランスをキープしつつパワフルで大音量の響きを得られるブレイシングデザインも採用されています。
木材そのものの鳴りを十二分に味わえますし、特に中低音は豊かで深みがあり、魅力あふれる音色となっていますね。
さらにピックアップはパッシブタイプのものを用いていますので、アコースティックギターの鳴りを活かしつつ、ライブなどでも十分な存在感を出せる表現力の高さが生み出されています。
小さめのサイズかつ胴厚のLSシェイプによって迫力ある鳴りも得られていますし、小柄な方でも無理なく演奏出来るでしょう。
ネックも全ポジションにおいてグリップ感が安定しており、スムーズな演奏を可能にしてくれています。

YAMAHA(ヤマハ)のLS6 AREは初心者の初めての1本としても、サブギターとしても、ぜひおすすめしたいモデルです。
きっとご満足いただけるでしょう。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================


トップページ > ブログトップ > 楽器について > YAMAHA(ヤマハ)のLS6 AREについて【ギター】

楽器買取方法とメニュー 買取楽器一覧
  • 鍵盤楽器
    電子ピアノ、エレクトーン、アップライト・グランドピアノ等
  • 木管楽器
    サックス、クラリネット、フルート、オーボエ等
  • 金管楽器
    トランペット、トロンボーン、ホルン、チューバ等
  • 弦楽器
    エレキギター、アコースティックギター、ベース、バイオリン等
  • 打楽器
    ドラム、電子ドラム、コンガ、ティンパニ、ボンゴ等
一覧
ブログランキング参加中
にほんブログ村 音楽ブログへ  

  • SEOブログパーツ

Return to page top