トップページ > ブログトップ > 楽器について

楽器について Archive

ARIA(アリア)のALH-MC Concertについて【ウクレレ】

日本の楽器メーカーであるARIA(アリア)は、ギターやベースをはじめとした様々な楽器を扱っています。
ウクレレも豊富なラインナップを取り揃えており、ALH-MC Concertもその一つですね。
ALH-MC ConcertをはじめとするARIA(アリア)のALHシリーズのウクレレは、ハワイの伝統的なウクレレのデザインと音色を追求して作られています。
コンサートサイズのALH-MC Concertはソリッドマホガニーのオール単板ボディのモデルで、サーモ処理という木材エイジング処理が施されています。
このサーモ処理によって、ヴィンテージウクレレのような乾いた音色が生み出されるのです。
ネック材の水分量が減る事で、ねじれや反りといった問題も起こりにくくなります。
指板とブリッジはウォルナット、ネックはオクメ、フリクションペグという仕様ですね。
グロスフィニッシュやロープバインディングがヴィンテージな雰囲気を醸し出していますし、ヘッドロゴは富士山と金のシャチホコをハワイアンエンブレム風にしたおしゃれなデザインです。
トライレイヤードサウンドボード(T.L.S.B.)なども用いられており、本格的なウクレレサウンドを備えつつも安定感も持ち合わせています。

比較的お求めやすい価格のモデルですし、まさにウクレレという音色をお求めの方にARIA(アリア)のALH-MC Concertはぴったりではないでしょうか。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Roland(ローランド)のLX705-DRSについて【電子ピアノ】

アコースティックのコンサートグランドピアノを自宅で気軽に楽しむというのは、なかなか簡単な事ではありません。
しかし電子ピアノなら、そんな夢も叶える事が出来るのです。
Roland(ローランド)のLX705-DRSは音色や響き、表現力、弾き心地など、コンサートグランドピアノがそのまま再現された電子ピアノです。
さらに電子ピアノならではの機能も充実していますので、初心者から上級者まで、どんな方でも思う存分ピアノを楽しむ事が出来るでしょう。

Roland(ローランド)のLX705-DRSには、ヨーロピアンとアメリカンの2種類のグランドピアノ音色が搭載されており、曲やジャンルに合わせてお好みの音色で演奏をお楽しみいただけます。
ピュアアコースティック・モデリングテクノロジーやアコースティック・プロジェクションによって、アコースティックピアノと遜色のない澄んだ音色やたっぷりとした響きも再現されています。
またピュアアコースティック・アンビエンスを使用すれば、コンサートホールやスタジオなど、様々な空間での演奏を疑似体験する事も可能です。
ヘッドホンをお使いの際も、アコースティック・ヘッドホン・プロジェクションがリアルな音色や響きを再現してくれるでしょう。
ハイブリッド・グランド鍵盤やタッチ・コントロール、レスポンシブ・ダンパー・アクション・ペダルのおかげで、グランドピアノ特有のタッチ感もそのまま味わう事が出来ます。
ピアノらしい上品なデザインでありながらもコンパクト設計となっており、どんなお部屋にもすっきりとなじんでくれますね。
録音機能やメトロノームなど、練習に役立つ機能も多数搭載されていますし、Bluetooth機能を使えば音楽再生も行えます。

皆様もRoland(ローランド)のLX705-DRSでコンサートグランドピアノを楽しんでみませんか?

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

YAMAHA(ヤマハ)のYFH-8310ZGについて【トランペット】

今回ご紹介するのはYAMAHA(ヤマハ)のフリューゲルホルン、YFH-8310ZGです。
トランペットの仲間であるフリューゲルホルンですが、トランペットが円筒管であるのに対し、フリューゲルホルンは広がりの大きな円すい管であるという違いがあります。
そのためフリューゲルホルンの方が音色も柔らかな印象ですね。
YAMAHA(ヤマハ)のYFH-8310ZGはボビー・シュー氏によって監修されたモデルで、フリューゲルホルンの伝統を受け継ぎつつ、軽く華やかな印象もプラスされています。
多彩な音色と安定した高音域を実現した事で、より豊かな表現も出来るようになっていますね。
一枚取り工法で作られたベルは彩り豊かな音色に大きく貢献していますし、人間工学を元に設計された第3抜差管のトリガーが高い操作性を生み、無理のないホールディングも可能にしてくれています。
バルブとボトムのキャップも、音色や吹奏感を考慮してデザインされています。
またストレートなマウスパイプでなくマローンパイプを用いた事で、吹奏感がアップし、安定した高音域も得られるようになりました。
ジャズ向きのクリアラッカー仕上げとなっており、ライブなどでも大活躍してくれるでしょう。
ファットで温もりあるゴールドブラスベルならではのサウンドも実に魅力的です。

 

フリューゲルホルンでジャズを演奏したい。
YAMAHA(ヤマハ)のYFH-8310ZGはそんな方にぜひおすすめしたいモデルですね。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Vincent Bach(ヴィンセントバック)180ML37SPについて【トランペット】

トランペットは様々なメーカーが扱っていますが、トランペットの代名詞と言っても良いほどの定番モデルとなっているのがVincent Bach(ヴィンセントバック)の180ML37SPです。
Vincent Bach(ヴィンセントバック)はマウスピースの製作から始まったブランドで、1924年にトランペットを世に送り出して以来、世界中で高い支持を受け続けています。
中でも多くの奏者に愛されている180MLSPは、MLボアに37ベルのB♭トランペットで、25マウスパイプのイエローブラス、銀メッキ仕上げという仕様です。
トランペットらしい鮮明で輝くような音色を持ち、芯の通った響きは大きなホールでも隅々までしっかりと届きます。
180ML37SPの素晴らしい響きは、1枚取り工法ベル(ワンピースベル)のおかげですね。
銀メッキ仕上げによる艶やかで上品かつ甘い味わいは、たっぷりとした麗しいハーモニーを演出してくれるでしょう。
抵抗感も程よく、どんなジャンルにもお使いいただけるモデルです。
またVincent Bach(ヴィンセントバック)の180シリーズには、他にもイエローブラス・ラッカー仕上げの180ML37GLや、ゴールドブラスベル・ラッカー仕上げの180ML37GB、ゴールドブラスベル・銀メッキ仕上げの180ML37GBSPなどもございます。
それぞれ違った音色を持っていますので、お好みの音色をお探しになってみるのも良いかもしれませんね。

 

長年にわたって多くの奏者を魅了し続けるVincent Bach(ヴィンセントバック)の180ML37SP。
お試しになった事がない方は、ぜひ一度お手にとってみてください。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

YAMAHA(ヤマハ)DTX402について【電子ドラム】

ドラムに挑戦したい。そう思っても、実際に家にドラムを置くとなるとそれなりのスペースが必要になりますよね。
演奏する際の音も気になりますし、現実的にドラムを始めるのは厳しいとお思いの方は多いのではないでしょうか。
そんな方にぜひおすすめしたいのが電子ドラムです。
電子ドラムならアコースティックに比べてコンパクトですし、音も気にせず演奏を楽しむ事が出来ますよ。

電子ドラムにも様々なモデルがありますが、豊富なトレーニング機能を搭載したYAMAHA(ヤマハ)のDTX402などはドラム初心者の方にぴったりですね。
YAMAHA(ヤマハ)のDTX402はリズムゲート機能やソングパートゲート、ファストブラスト機能など、10種のトレーニング機能を備え、楽しみながらドラム演奏の腕を磨く事が出来るようになっています。
初めてドラムに触れる方も、搭載されている演奏動画をお手本にしながら無理なく練習出来ますし、採点機能を使って自身の演奏スキルを試す事も可能です。
専用のアプリを使えば、ゲームのようなトレーニングメニューや、オリジナルドラムキットなども利用出来ます。
サウンドはアコースティックドラムそのものですし、エレクトロニックやエフェクトなども含め、10種のドラムキットをお好みで選べるようになっています。
USB端子でパソコンとも簡単に接続できますし、楽曲制作や録音にもお使いいただけます。
コンパクト設計でありつつも、スネアやタム、シンバルの位置や角度は奏者に合わせて調節出来るようになっており、アコースティックドラムと変わらない感覚での演奏が可能です。
組み立ても簡単にでき、また軽量ですので、気軽に持ち運んで演奏を楽しめます。

ドラムの演奏に興味があるという方は、ぜひYAMAHA(ヤマハ)のDTX402でドラムに挑戦してみてください。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0
1 / 11612345...102030...最後 »

トップページ > ブログトップ > 楽器について

楽器買取方法とメニュー 買取楽器一覧
  • 鍵盤楽器
    電子ピアノ、エレクトーン、アップライト・グランドピアノ等
  • 木管楽器
    サックス、クラリネット、フルート、オーボエ等
  • 金管楽器
    トランペット、トロンボーン、ホルン、チューバ等
  • 弦楽器
    エレキギター、アコースティックギター、ベース、バイオリン等
  • 打楽器
    ドラム、電子ドラム、コンガ、ティンパニ、ボンゴ等
一覧
ブログランキング参加中
にほんブログ村 音楽ブログへ  

  • SEOブログパーツ

Return to page top