トップページ > ブログトップ > 楽器について > 楽器の話

楽器の話 Archive

初心者のエレキギター選び方

こんにちは、楽器買取NO.1です。

最近は、「けいおん!」「BECK」などのバンドを題材にしたアニメなどが流行って、それがきっかけで、バンドや楽器を始めたい人が増えているみたいですね。

今日は、そういう初心者の方に役立てるよう、「初心者のエレキギター選び方」について話したいと思います。

エレキギターといっても、色々なデザインや機能、高いものから安い価格のものまで、様々なものがあって悩みますよね。

形は、ストラトタイプ(フェンダー社のストラトキャスター・タイプを代表するもの)がお勧めです。
手の小さい人には、ギブソン系(ギブソン社のレスポールやSGモデルなど)が良いですね。

メーカーは、初心者でも扱いやすく、それなりにいい音が出せる、
フェンダージャパン・ヤマハ・フェルナンデス・エピフォンなどが有名です。

そして、何より大事なことは、好きなエレキギターを買ってください。

好きなギタリストの使っているもの、見た目が気に入ったという単純な動機でもいいのです。

とにかく自分が弾いてみたいと思えるエレキギターを買うことが、上手に弾けるようになる近道だと思います。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ヤマハステージアのスタンダード

こんにちは、楽器買取NO.1です。
今回は、YAMAHAステージアのスタンダードについて紹介したいと思います。

ヤマハステージアの大きな特徴は、なんといっても分解・組み立てが可能なところです。
必要に応じて、基盤・鍵盤のユニットを後から付け加えることで、上級者向けにバージョンアップが可能です。

なので、ヤマハステージアは初心者の方から上級者の方まで長い期間、使うことが出来ます。

リアルでハイグレードなAWM音源を採用していて、あらゆる音楽ジャンルをカバーする多彩な音色とリズムを搭載しています。

インターネットダイレクトコネクション機能が内蔵されていて、エレクトーンから直接データの購入が出来ます。

6.5インチTFTカラー液晶・タッチパネルで操作でき、使いやすい操作性でストレスを感じません。

エレクトーンの表現力を高め、いろんな可能性を広げる機能が満載なので、お子様から大人の方まで十分満足できると思います。
ステージアのスタンダードで、素敵な音楽ライフを楽しんでいただきたいです。

もし、不用になったYAMAHAステージアのスダンダードがあれば、楽器買取No.1までお気軽にご相談ください。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

中古楽器の見方、選び方

初めて楽器を購入する場合など、「それほどいいものはいらないから…」と中古楽器にしようと考える人も少なくないのではないでしょうか。

でも、実は中古楽器の方が選び方は難しいんですよ。

というのも、中古楽器の場合、以前どんな人がどのくらい使っていたのか、その人の「クセ」が楽器についてしまっていることが多いので、そのクセに合わせて演奏しなければいけない、ということがあります。
有名ブランドなどのものに目が行きがちですが、中古楽器の場合は注意が必要です。
クセなども見るために、中古楽器を選ぶ場合は、特に実物を実際に手に取り、演奏してみて、自分に合ったものを見つけるのが一番です。

中古楽器を選ぶ場合には「できるだけ安いものを」と思う方も多いと思いますが、これも実は判断が難しいところです。
音が出るだけでいい、というならそれでもいいかもしれませんが、ある程度演奏に耐えるものを、と思うなら慎重に検討したいものです。
というのも、販売店が確かな目を持っていれば、その楽器に適切な値段をつけているでしょうし、見る目がなければ適当、ということになるわけです。
高値で購入したものが実は…ということもあれば、逆もしかり。
ですから、中古楽器の選択は難しいんですね。

結局は、自分が納得いくまで実際に見て、触れてみてしっくりくるものが一番、ということなのかもしれません。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

バック・トゥ・ザ・フューチャーで使ってたギター

最近、久しぶりにバック・トゥ・ザ・フューチャーという映画を見る機会がありました。 スティーヴン・スピルバーグ 監督のかなり古い映画で当時は『フューチャー現象』と呼ばれるブームが生まれるほど大ヒットした映画です。

この映画は実は日本ともつながりのあるシーンがあることをご存知でしょうか。映画のいたるシーンで日産やホンダなどの日本製の車が登場しているんです。その他にも映画の終盤、主人公のマイケル・J・フォックスが深海パーティーという夜会で演奏していたバンドメンバーの代役を任されてギターを演奏する場面があるのですが、実はこの時にマイケル・J・フォックスが使用していたギターはIbanez(アイバニーズ)というメーカーのもので、れっきとした日本製なんです。 他にも同じバンドのメンバーが演奏していたドラムはヤマハ製だったりします。 ちなみにIbanez(アイバニーズ)のギターを使っているミュージシャンは多く、有名なところではオフスプリングのデクスターやスティーヴ・ヴァイ、ウィル・コリンなども愛用しています。

これは監督のスピルバーグが日本好きであることからだと言われていますが、こういった有名な映画で日本でなじみの深いメーカーの名前を見つけるとうれしくなってしまいますね。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

トップページ > ブログトップ > 楽器について > 楽器の話

楽器買取方法とメニュー 買取楽器一覧
  • 鍵盤楽器
    電子ピアノ、エレクトーン、アップライト・グランドピアノ等
  • 木管楽器
    サックス、クラリネット、フルート、オーボエ等
  • 金管楽器
    トランペット、トロンボーン、ホルン、チューバ等
  • 弦楽器
    エレキギター、アコースティックギター、ベース、バイオリン等
  • 打楽器
    ドラム、電子ドラム、コンガ、ティンパニ、ボンゴ等
一覧
ブログランキング参加中
にほんブログ村 音楽ブログへ  

  • SEOブログパーツ

Return to page top