トップページ > ブログトップ > 楽器について > 楽器の話

楽器の話 Archive

YAMAHA(ヤマハ)のYTR-4335G2について【トランペット】

これからトランペットを始めるという方が楽器を選ぶ際には、やはりまずは「音を出しやすい」という点が重要ですね。
また音程も取りやすいモデルの方が初心者向きと言えますし、価格も比較的お求めやすいものの方が気軽に始められて良いでしょう。
こうした条件に合うエントリーモデルは様々なメーカーが取り扱っており、YAMAHA(ヤマハ)ではYTR-4335G2などがそれにあたります。

 
YAMAHA(ヤマハ)のYTR-4335G2は、吹奏楽やポップスなど幅広いジャンルで使われているB♭ トランペットです。
ベル直径は123mm、ボアサイズはML、ゴールドブラスの2枚取りでゴールドラッカー仕上げとなっています。
演奏性や音程の正確さ、耐久性にこだわって作られており、重さを感じずスムーズに演奏することができ、初心者でも無理なく扱うことが出来るでしょう。
支柱を主管抜き差しに置いたことでブレのないはっきりとした音色が生まれています。
また耐久性の高いモネル合金製のピストンや新たに設計された押金などが音色のクオリティを高めてくれていますね。
麗しく豊潤な響きを持つゴールドブラスのベルは、耐久性を維持しつつも軽さが追求され、初めての方でも負担を感じることなく演奏出来るように配慮されています。
楽しみながらトランペットを演奏したいという初心者の方にぴったりのモデルではないでしょうか。

 

初めてのトランペット選びでお悩みでしたら、YAMAHA(ヤマハ)のYTR-4335G2をぜひお試しになってみてください。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Buffet Crampon(ビュッフェ・クランポン)のR-47について【オーボエ】

木管楽器を専門に手掛けるフランスのメーカーBuffet Crampon(ビュッフェ・クランポン)は、独自のラインナップやクオリティの高さから多くの奏者に支持され、プロの愛用者も少なくありません。
特にクラリネットが有名ではあるものの、R-47などをはじめとしたオーボエも高い人気を集めています。

 

Buffet Crampon(ビュッフェ・クランポン)のR-47はセミ・オートマチックモデルのオーボエで、大きく広がる豊潤な響きと鮮明な輪郭のある音色を魅力としています。
ジャンルを問わず、ソロからオーケストラまで幅広く対応出来る高い表現力を備え、パワフルでありつつも格調高い音色は多くの人々を引き付けてやみません。
どの音域でも安定した音程を備えていますし、吹き心地もスムーズです。
管体にはグレナディラ材を用い、キィは洋銀製銀メッキとなっています。
その他仕様としましては、第1・第2・第3オクターブキィ、カバードキィ、左Fキィ、F,B♭レゾナンスキィ、トリル・キィ(A♭-B♭/G#-A/E♭-E)ですね。
フィラデルフィア・システムを使ってダブル・リング・キィと下管Cキィとの連動の切り替えも可能です。
また管体にグリーンラインを用いたR47GLというモデルもあり、こちらはより優れた音の遠達性などが期待出来る他、気温や湿度などの環境による影響を気にする心配もいりません。

 

世界中のオーボエ奏者をとりこにしているBuffet Crampon(ビュッフェ・クランポン)のR-47。
皆様もその魅力をぜひご体感ください。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

STEINWAY(スタインウェイ)のV-125について【アップライトピアノ】

STEINWAY(スタインウェイ)では最高級のグランドピアノからアップライトピアノまで様々なピアノを作っていますが、ピアノ作りのシステムをピアノの種類によって変えるということはありません。
グランドピアノもアップライトピアノも、高い技術を持つ職人たちが同じ工場内で同じように手作業で作り上げているのです。
今回ご紹介するアップライトピアノV-125においてもそれは変わらず、音色や弾き心地、安定感など、ピアノとしての完成度は申し分のない仕上がりとなっています。

 

STEINWAY(スタインウェイ)のV-125はグランドピアノと同じく、メープル材を重ね張りしたクロージングリムを採用し、バーチ無垢材をほぞ継ぎした土台、同じくバーチ無垢材による響板枠も用いられています。
両端を薄くしたクラウン形状の響板としたことでバランスが良く自由なレスポンスが生まれ、またたっぷりとした余韻のある音にも大きく貢献しています。
鍵盤にはヨーロッパ産のスプルースを用い、白鍵は汚れや欠けが起こりにくく、黒鍵は滑りくいように工夫がされています。
ペダルはどっしりと重みのある真鍮製です。
V-125は本格的にピアノ演奏を楽しみたい方向きのモデルと言えますね。

 

STEINWAY(スタインウェイ)のV-125はパワフルなタッチも繊細なタッチも、どんなタッチにもしっかりと反応してくれる柔軟性の高いピアノです。
上級者の方もきっとご満足いただけるのではないでしょうか。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Cole Clark(コールクラーク)のCCFL2EC-BBについて【アコースティックギター】

オーストラリアで2001年に創業し、ハンドメイドでギターを作っているCole Clark(コールクラーク)は、歴史は短いものの世界中で多くのプレイヤーから愛されているブランドです。
今回はファットレディシリーズというCole Clark(コールクラーク)を代表するシリーズのうちの一つであり、高い人気を集めているエレクトリック・アコースティックギター、CCFL2EC-BBをご紹介しましょう。

 

CCFL2EC-BBはクイーンズランド州南部でとれる、オーストラリア固有の木材であるブンヤ材をトップに用い、ブラックウッドをサイド&バックに、クイーンズランドメイプルをネックに、ブラックビーンを指板とブリッジに採用しています。
バックのブラックウッドは3ピース仕様ですね。
オリジナルXXブレイシングやベネチアンカッタウェイ、グローバーペグなども用いられており、仕上げはつや消しラッカーフィニッシュとなっています。
素早いレスポンスに爽快な歯切れを持ち、Cole Clark(コールクラーク)特有の甘い音色ももちろんお楽しみいただけます。
ピックアップは3way仕様で、オリジナルフェイスブレイスセンサーにアンダーサドルピエゾ、コンデンサーマイクを搭載しており、ボディの繊細な振動までしっかりと受け取って鳴りをそのまま再現してくれるでしょう。
PAシステムやアンプなどを通せば、素晴らしいパフォーマンスを生み出せます。
ストロークをメインにしても、かき鳴らしても、弾き語りにも対応してくれるモデルですね。

 

エレアコをライブやレコーディングで使いたい。
そんな方はCole Clark(コールクラーク)のCCFL2EC-BBをぜひお試しになってみてください。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

YAMAHA(ヤマハ)のYUSシリーズについて【アップライトピアノ】

アップライトピアノと一口に言っても、様々なモデルがありそれぞれに違った特徴があります。
YAMAHA(ヤマハ)でもいくつかのアップライトピアノのシリーズを展開していますが、今回はその中からYUSシリーズをご紹介しましょう。

 

まずYAMAHA(ヤマハ)のアップライトピアノの中でも最上位とさているのがSU7です。
YUSシリーズは、そのSU7に次ぐハイグレードシリーズという位置付けですね。
YUSシリーズでは音色や音のバランス、音量などを最良の状態に調整するためにハンマーヘッドを入念に整えることで、豊かな表現力を持つ音色を生み出すことが出来るるようになっています。
またミュージックワイヤはSU7と同レベルのものを用いることで、より一層豊潤な音色と響きも得られています。
YAMAHA(ヤマハ)のコンサートグランドピアノCFXと同等のハンマーフェルトも使われており、表現力の高さに加えはっきりとした晴れ晴れしい印象の音色も生まれていますね。
トーンエスケープ機能を備えたことで、まるでグランドピアノかのような響きも感じられるようになっています。
このトーンエスケープ機能は、YUS5においては上前板にも用いられています。
またYUS5にはソステヌートペダルも備わっています。
YUSシリーズにはYUS1、YUS3、YUS5があり、それぞれ黒・マホガニー・アメリカンウォルナットの3色のカラーバリエーションがございます。

 

上質なものを長く使い続けたい。
YAMAHA(ヤマハ)のYUSシリーズはそんな方にぴったりのシリーズではないでしょうか。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0
1 / 712345...最後 »

トップページ > ブログトップ > 楽器について > 楽器の話

楽器買取方法とメニュー 買取楽器一覧
  • 鍵盤楽器
    電子ピアノ、エレクトーン、アップライト・グランドピアノ等
  • 木管楽器
    サックス、クラリネット、フルート、オーボエ等
  • 金管楽器
    トランペット、トロンボーン、ホルン、チューバ等
  • 弦楽器
    エレキギター、アコースティックギター、ベース、バイオリン等
  • 打楽器
    ドラム、電子ドラム、コンガ、ティンパニ、ボンゴ等
一覧
ブログランキング参加中
にほんブログ村 音楽ブログへ  

  • SEOブログパーツ

Return to page top