トップページ > ブログトップ > 楽器について > Ampeg(アンペグ)

Ampeg(アンペグ) Archive

アンペグ(ampeg)SVT-VRについて

こんにちは、楽器買取NO.1です。

今日は、アンペグ(ampeg)SVT-VRについて話したいと思います。

皆さんご存知の通り、アンペグは、楽器用アンプメーカーです。

アンペグのSVT-VR・・・通称ブルーラインと呼ばれている1970年代のSVTヘッドのリイシュー・モデルSVT-VRが生まれました。

SVTサウンドと称される、オール・チューブ・サウンドは、今でも大人気で、多くのベーシスト達が愛用しているベースサウンドの代名詞的存在です。

今回、リイシューされたこのSVT-VRもパワーアンプ、プリアンプ・セクションに真空管を使用しています。

アンペグの最新テクノロジー、新機能を搭載することにより、耐久性に優れ、信頼もできる、最高の音質を再現してくれます。

コントロールパネルは、2チャンネル、4インプットの非常にシンプルなコントロール類といった必要最小限に研ぎ澄まされた歴史あるなデザインになっています。

ロック・サウンドを生み出すために生まれた怪物級のベース・アンプです。

もしアンプの買い替えでご不用になりましたアンプなどございましたら、お気軽に楽器買取No.1までご相談ください。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

アンペグ(AMPEG)のSVT買取受付中

皆さんこんにちは、毎日、暑い日が続きますね、楽器買取No.1です。

只今、楽器買取NO.1では、アンペグ(AMPEG)のSVT買取受付中です。

半世紀近くアンプ製造を手掛けてきたAmpegは、
新たな試みを持って最高品質のアンプ開発、製造をし続けています。

ベースアンプといえば、アンペグですよね。

リハーサルスタジオやライブハウスなどで、一度は目にする定番のベースアンプです。
ビンテージテイストあふれるルックスながら、低音が良くて、骨太でありながら暖かいサウンドで、音作りの幅が広いです。

アンペグユーザーには、THE BLUE HEARTSの河口純之助氏ラルクのTETSUYA氏などがいます。

ヴィンテージな音質を求めている方も、最新のテクノロジーを駆使したアンプを求めている方にも大変満足していただけるクォリティー、パフォーマンスを提供します。

そんな、アンペグのSVTが、おうちの中で、使わずに眠っているという方がおられましたら、ぜひ、楽器買取NO.1まで、
お気軽にお問い合わせください。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

トップページ > ブログトップ > 楽器について > Ampeg(アンペグ)

楽器買取方法とメニュー 買取楽器一覧
  • 鍵盤楽器
    電子ピアノ、エレクトーン、アップライト・グランドピアノ等
  • 木管楽器
    サックス、クラリネット、フルート、オーボエ等
  • 金管楽器
    トランペット、トロンボーン、ホルン、チューバ等
  • 弦楽器
    エレキギター、アコースティックギター、ベース、バイオリン等
  • 打楽器
    ドラム、電子ドラム、コンガ、ティンパニ、ボンゴ等
一覧
ブログランキング参加中
にほんブログ村 音楽ブログへ  

  • SEOブログパーツ

Return to page top