トップページ > ブログトップ > 楽器について > Sadowsky(サドウスキー)

Sadowsky(サドウスキー) Archive

Sadowsky Audio(サウドスキー)のSA200について【アンプ】

Sadowsky Audio(サウドスキー)のSA200は一時期なかなか手に入らず、幻のアンプとさえ言われていました。
SA200のデザインはSadowsky Audio(サウドスキー)を創設したRoger Sadowsky氏によるもので、真空管をプリ/パワー部の両方に用いています。
フルチューブアンプ特有の豊かで図太く、立体的なサウンドが魅力で、現代の音圧のあるアンサンブルでも埋もれる事はありません。
奏者のニュアンスも限界までダイナミクスが引き出してくれます。
インプット・パッドはヘッドルームのゲインをベースの出力に合わせて調節出来ますし、FATスイッチはダイナミックレンジの広いすっきりとしたクリーンと、温もりあるハイゲインサウンドが切り替えられます。
強靭なシャーシを備えるどっしりとしたボディや、定期的な真空管の交換など、フルチューブアンプになじみのない方にとってはとっつきにくい部分もあるかもしれません。
しかし音の質の高さを考えれば、それも大した問題ではないでしょう。
現在はイヤーモニターやライン録音が主流となってきてはいますが、そんな中でのアナログスピーカーの出力は、抜群の存在感と個性を生み出す事が出来ます。
フルチューブアンプは未体験という方にも、ぜひおすすめしたいですね。

プロのベーシストからの人気も高く、現場でも欠かせない存在となっているSadowsky Audio(サウドスキー)のSA200。
皆様もその魅力をぜひお確かめになってみてください。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Sadowsky(サドウスキー)のMetroline(メトロライン)R1【エレキギター高価買取】

伝統的なストラトを基本にしながら、サドウスキーならではの美学が詰まったアイテム。
今日はそんな、Sadowsky(サドウスキー)のMetroline(メトロライン)R1についてご紹介したいと思います。

一度手に取ってみて下さい。
触れて頂ければ、細かいところまで行き届いていて丹精込めて作られていることが分かると思います。

特にサドウスキーの信念がみられるのが、ネック周りで、太さを感じさせないけど、
太さがあるので安定していてどの位置でもストレスを感じさせることのないセッティングが施され、
ピックアップには、R1専用のSadowsky FL Pickupを搭載。

操作性も抜群でチューニングも狂いにくく、サウンドのバランスもいいのでおすすめです。

世界中のプロからアマチュアまで、全幅の信頼を受けているサドウスキーブランドの一つ、Metroline(メトロライン)R1。
どんな場面でも活躍してくれる1本になると思います。

Sadowsky(サドウスキー)のMetroline(メトロライン)R1のサウンドを一度あなたの耳で確かめてみて下さい。
また、手放したい方がおられましたら、ぜひ、楽器買取NO.1で高価買取させて頂きますので、ご連絡ください。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

サドウスキー(Sadowsky)のMV5【エレキベース高価買取】

本日はサドウスキー(Sadowsky)のMV5についてご紹介いたします。

コンポーネント系メーカーとしてプロやスタジオミュージシャンから絶大な人気のサドウスキー(Sadowsky)。

サドウスキー(Sadowsky)のMV5はサドウスキー(Sadowsky)社の創業者であるロジャー・サドウスキー氏監修のもと日本で生産され、世界へ輸出される「METRO SERIES」全18種類の中のひとつです。
世界基準としてアメリカやヨーロッパのみならず中東、アジア、オーストラリアなどに送り出されています。

これは先行のサドウスキー(Sadowsky) Tokyoの「JP」や「RJ/RB」などのシリーズがロジャー・サドウスキーの培ってきた手法や伝統をきちんと踏襲されていると認められたということと言えます。

MV5はピックガード付きの人気機種「Vintage」、「MV」の5弦モデル。
ネックやフィンガーボードにはメイプル材を使用、ボディにはアッシュ材というウッドマテリアル。

また、ピックアップ、プリアンプ、ブリッジは本家であるNYC「スダンダード」と同じものになります。

ボディのスタイルにはディンキー・シェイプが採用されています。
サウンドはまさにNYCそのものでありながら柔らかさを持つ、アクティブなサウンドになっています。

MV5は5弦モデルとしてデザインされたネック部分は4弦モデルと比べて質量が増加したことで歯切れの良さや心地好い中低域はそのままに、サウンドのスケール感がより大きくなっています。

サドウスキー(Sadowsky)らしい、と評される艶のある広域はアンサンブルの際にその存在感をアピールするでしょう。

ジャズ、フュージョンからロックまで、幅広く使えるサドウスキー(Sadowsky)のMV5。
お手に余っているようでしたら、楽器買取NO1で高価買取の査定を受けてみませんか?

出張買取も行っておりますので、遠方にお住いの方もお気軽にご相談ください。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

トップページ > ブログトップ > 楽器について > Sadowsky(サドウスキー)

楽器買取方法とメニュー 買取楽器一覧
  • 鍵盤楽器
    電子ピアノ、エレクトーン、アップライト・グランドピアノ等
  • 木管楽器
    サックス、クラリネット、フルート、オーボエ等
  • 金管楽器
    トランペット、トロンボーン、ホルン、チューバ等
  • 弦楽器
    エレキギター、アコースティックギター、ベース、バイオリン等
  • 打楽器
    ドラム、電子ドラム、コンガ、ティンパニ、ボンゴ等
一覧
ブログランキング参加中
にほんブログ村 音楽ブログへ  

  • SEOブログパーツ

Return to page top