トップページ > ブログトップ > 楽器について > VictoriaAmp(ヴィクトリアアンプ)

VictoriaAmp(ヴィクトリアアンプ) Archive

VictoriaAmp(ヴィクトリアアンプ)の518-T Champについて~アンプ買取~

VictoriaAmp(ヴィクトリアアンプ)は、海外でも有名なエアロ・スミスやマークフンメルなど多くのミュージシャンに支持されています。

厳選されたパーツを使用し、すべて手作業にて、配線されています。
非常に手間のかかるアンプですが、このVictoriaAmp(ヴィクトリアアンプ)は完成度、性能すべてにおいて絶賛されています。

このVictoriaAmp(ヴィクトリアアンプ)の518-T Champですが、実はTweed Champのコピーモデルとなっています。ちなみに1950年代にレオフェンダーが世に出したTWEEDアンプは、今でもロックやブルースのギタリストに人気が高く、太く歪んだ特徴あるサウンドを出すアンプです。

518-T Champ独特のコンパクトな見た目ですが、音圧を十分に感じることができ、注目度が高くなってきている商品です。

パイン材を使用したキャビネットは、フィンガージョイントにて作られており、その上からツイードの生地を張り、ラッカーで仕上げてあります。これによって、本物の「箱鳴り」を体感することができます。

また、アメリカ国内、日本国内において十分な動作確認を実施しており、ニューオールドストックチューブもしくは、グルーブチューブ製真空管が装備されています。

518-T Champのキャパシターはスプラグ社へ特注したものを使用しており、1950年代のキャパシターのレスポンスを持っています。レジスターには、ALLEN BRADLEY社のものを搭載し、ノイズが非常に少なく、金属やカーボン皮膜から感じ取られる不自然な堅さが感じられません。

VictoriaAmp(ヴィクトリアアンプ)の518-T Champの性能は、アンプ本体が物語っており、多くの愛好者、雑誌からも賞賛を浴びています。

楽器買取No.1では、ギターなどの楽器だけでなく、音響機器の高価買取も行っております。
手放したい楽器、アンプなどございましたらお気軽にご相談ください。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

トップページ > ブログトップ > 楽器について > VictoriaAmp(ヴィクトリアアンプ)

楽器買取方法とメニュー 買取楽器一覧
  • 鍵盤楽器
    電子ピアノ、エレクトーン、アップライト・グランドピアノ等
  • 木管楽器
    サックス、クラリネット、フルート、オーボエ等
  • 金管楽器
    トランペット、トロンボーン、ホルン、チューバ等
  • 弦楽器
    エレキギター、アコースティックギター、ベース、バイオリン等
  • 打楽器
    ドラム、電子ドラム、コンガ、ティンパニ、ボンゴ等
一覧
ブログランキング参加中
にほんブログ村 音楽ブログへ  

  • SEOブログパーツ

Return to page top