トップページ > ブログトップ > 楽器について > YAMAHA(ヤマハ)

YAMAHA(ヤマハ) Archive

YAMAHA(ヤマハ)のYTS-380について【テナーサックス】

新しく楽器に挑戦しようと思った時に悩むのは、「どのメーカーのどのモデルにするか」という点ですよね。
あまりに高価なものですと簡単には手が出せませんし、かといって安価なモデルは音や質が悪いのではと心配になったりと、なかなか難しいものです。

 
そんな時には、各メーカーが初心者向けとして発売しているエントリーモデルを選ぶというのも一つの方法です。

例えばYAMAHA(ヤマハ)のサックスでは、YTS-380などのスタンダード・シリーズがそうですね。
YAMAHA(ヤマハ)のスタンダード・シリーズのサックスは初心者でも扱いやすいように作られていますし、お値段も比較的安価です。
初めての1台にぴったりのシリーズですよ。

そんなスタンダード・シリーズの一つであるテナーサックスのYTS-380は、パーツの軽量化や工夫された形状によって、「楽器を吹く」という事に慣れていない初心者でも、比較的簡単に鳴らす事が出来るようになっています。
それでいて上位モデル同様に可動式の指掛けなども備わっており、サックスとしての基本もしっかりと押さえられています。

また左側のシーソーキイに用いられているメカニズムは、スムーズな吹き心地や高い操作性を生み出してくれていますね。
ローC#キイがきっちりと閉まるようになっている事で低音の発音も明瞭ですし、均一な音色での演奏も出来るようになっています。
ネジで調節の出来るストッパー付きのキイガードや、ゴールドラッカーで仕上げられたルックスは、上位モデルと遜色のない美しさです。
音程も正確ですし、サックスらしい、艶のあるブライトなサウンドをお楽しみいただけるでしょう。

日本製のテナーサックスで初心者にも扱いやすく、それでいてお値段もお手頃。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

YAMAHA(ヤマハ)のStage Custom Birch Bop-Kitについて【ドラム】

YAMAHA(ヤマハ)の数あるドラムの中でも、代表的なものの一つがStage Custom Birchです。
Stage Custom Birchは6プライシェルを用いたバーチシェル100%のドラムで、バーチ材らしいリッチな中音域と、シェル鳴りの心地よい抜けを魅力としています。
シェル振動をそのまま伝える事の出来るアブソルートラグは上位モデルから受け継いだものを使用しており、スティックワークの細かなニュアンスまでしっかり再現してくれる表現力も備えていますね。
ラグインサーションプレート機構も用いられ、テンションロッドが演奏の最中に緩んでしまう心配もありません。

 

そんなYAMAHA(ヤマハ)のStage Custom Birchを使った小口径キットであるStage Custom Birch Bop-Kitは、小編成のセッションやジャズ向きではあるものの、ジャンルを問わず活躍してくれるドラムキットとして仕上がっています。
シェルは口径18”× 深さ15” のバスドラム、14”×13”のフロアタム、12”×8”のタムタムの3つ、そしてタムクランプという構成のコンパクトキットですので、持ち運びにも向いています。
またStage Custom Birch Bop-Kitはコーテッドタイプの打面ヘッドを備えた事で、音色に温もりも加わっていますね。
さらにヤマハ・エンハンスト・サスティーン・システム(Y.E.S.S.)という、YAMAHA(ヤマハ)ならではのタムマウントシステムも用いられています。
これによってシェル鳴りを存分に活かせるだけでなく、その鳴りをより素晴らしいものにする事が出来ているのです。

YAMAHA(ヤマハ)のStage Custom Birch Bop-Kitは様々なジャンルでお使いいただけるのはもちろん、コンパクトなドラムキットという事で、場所を問わず気軽にドラムを楽しめるようになっています。
既にドラムセットをお持ちの方も、2台目としてお考えになってみてはいかがでしょうか。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

YAMAHA (ヤマハ)のARIUS YDP-S54 について【電子ピアノ】

電子ピアノは様々なメーカーが多様なモデルを販売していますが、これからピアノを始めたいという方向けのエントリーモデルをお探しでしたら、YAMAHA (ヤマハ)のARIUS YDP-S54などはいかがでしょうか。
YAMAHA (ヤマハ)のARIUS YDP-S54をはじめとするARIUSシリーズは、アコースティックピアノの音とタッチ感が再現された電子ピアノです。
これからピアノに挑戦される方の初めての1台としても、趣味として長く使い続けたいという方にも、ぴったりのモデルですよ。

ARIUS YDP-S54は、YAMAHA (ヤマハ)のコンサートグランドピアノ「CFX」を音源としており、パワフルで輝くような音色と、低音のたっぷりとした響きを魅力としています。
またグレードハンマー3(GH3)鍵盤を採用し、低音から高音に向かうにつれ徐々に軽くなるグランドピアノ特有のタッチ感などもそのまま再現されていますね。
電子ピアノではヘッドホンを使っての演奏という状況も多くなると思いますが、その際もステレオフォニックオプティマイザー機能によって、まるでピアノ本体が鳴っているかのような感覚を得ながら演奏をお楽しみいただけます。
同時発音数は192音となっており、ペダルを存分に使っても音切れの心配はありません。
デザインもすっきりとコンパクトかつシンプルですので、室内の他のインテリアの邪魔になる事はないでしょう。

YAMAHA (ヤマハ)のARIUS YDP-S54は、そのスリムな本体に質の高い音色や弾き心地を備えており、電子ピアノでありながらもアコースティックピアノ同様の本格的な演奏を実現しています。
エントリーモデルではありますが、電子ピアノとして申し分のない音色や機能を十分に備えているモデルではないでしょうか。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

YAMAHA(ヤマハ)のCLP-230について【電子ピアノ】

YAMAHA(ヤマハ)の電子ピアノというとClavinova(クラビノーバ)が有名ですよね。
Clavinova(クラビノーバ)にはCLPシリーズとCVPシリーズがございますが、大まかな分類としてはシンプルなのがCLPシリーズ、多機能なのがCVPシリーズとなっています。
今回はシンプルなCLPシリーズの中からCLP-230をご紹介しましょう。

YAMAHA(ヤマハ)のCLP-230はCLPシリーズの中でも初心者向けとなっており、これから電子ピアノを始めようという方にぴったりのモデルです。
AWM(advanced wave memory)というサンプリング技術を採用したCLP-230は、フルコンサートグランドピアノの音色をデジタル録音したものを音源としています。

また鍵盤にはグレードハンマー3(GH3)鍵盤を採用し、同じ音を高速で連打する事ができるようになっていますので、電子ピアノでもアコースティックピアノに遜色ない、幅広い表現が可能になっています。

またピアニッシモなどの繊細な弱音も表情豊かに演奏できますし、鍵盤の感覚もまさにアコースティックピアノそのものと言えるでしょう。
また見た目もアコースティックピアノの雰囲気が再現された、上質さの感じられるデザインとなっています。

接続ケーブルを使ってコンピュータと簡単に接続できるUSB TO HOST端子も搭載されています。

YAMAHA(ヤマハ)のCLP-230は音色にも鍵盤にも外観にも、全てにアコースティックピアノが再現された、初心者向けの電子ピアノではないでしょうか。

マルカートでは、電子ピアノを含め様々な楽器の買取を行っております。
使わなくなった楽器、処遇にお困りの楽器は、ぜひお気軽にマルカートまでご相談ください。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

YAMAHA(ヤマハ)のBB424について【ベース】

ベースをこれから始めようという方で、特にロックを楽しみたいというのであれば、YAMAHA(ヤマハ)のBB424はいかがでしょうか。
ボディ鳴り抜群のYAMAHA(ヤマハ)のBB424なら、申し分ない存在感を放つロックベースサウンドを味わう事ができます。

BB424はBB2000シリーズの音とデザインを受け継ぐベースで、YAMAHA(ヤマハ)の伝統モデルと言えますね。
PJピックアップレイアウトによって多彩なサウンドメイクが可能です。

ストリング・スルー・ボディ構造が採用されていますが、これはボディ底部を斜めにカットし、そこに弦を45度の角度で通すというものです。
通常は裏通し方式という、弦をサドル直下から通す構造ですが、ストロング・スルー・ボディ構造にする事によって弦振動のロスを極力減らす事ができるのです。
そのためボディにしっかりと弦振動が伝わり、豊かな表現のできるサウンドが得られています。

また、ねじれや反りに強いネック構造である5ピースネックを採用していますが、このネックにはマホガニーとメイプルが使われています。
それによってマホガニー特有の温かさと、メイプルらしい鋭さとタイトさのあるサウンドが生み出されています。
ボルトオン方式でボディと接合する事で、歯切れの良さと立ち上がりの速さも備わっていますね。

YAMAHA(ヤマハ)のBB424はどっしりタフなベースでロックを演奏したい方にぜひおすすめしたモデルです。

マルカートでは皆様が手放そうとお考えの楽器を大切に買取させていただいております。
査定は無料ですので、もしお手元に不要になった楽器、新しい楽器を購入の際に手放したいとお考えならば、ぜひ一度マルカートまでご相談ください。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0
1 / 1112345...10...最後 »

トップページ > ブログトップ > 楽器について > YAMAHA(ヤマハ)

楽器買取方法とメニュー 買取楽器一覧
  • 鍵盤楽器
    電子ピアノ、エレクトーン、アップライト・グランドピアノ等
  • 木管楽器
    サックス、クラリネット、フルート、オーボエ等
  • 金管楽器
    トランペット、トロンボーン、ホルン、チューバ等
  • 弦楽器
    エレキギター、アコースティックギター、ベース、バイオリン等
  • 打楽器
    ドラム、電子ドラム、コンガ、ティンパニ、ボンゴ等
一覧
ブログランキング参加中
にほんブログ村 音楽ブログへ  

  • SEOブログパーツ

Return to page top