トップページ > ブログトップ > 楽器買取について

楽器買取について Archive

CASIO(カシオ)のPX-S1000RDについて【電子ピアノ】

PX-S1000RDをはじめとするCASIO(カシオ)の電子ピアノPriviaは、ハンマーアクションの88鍵盤と内蔵スピーカーを備えつつも、実にコンパクトである点が大きな特徴です。
他の電子ピアノと比較しても、奥行きも高さも本当にスリムですし、タッチセンサーの操作パネルを用いてボタンの突起をなくした事で、全体的なデザインもすっきりとシンプルになっています。
CASIO(カシオ)のPX-S1000RDは鮮やかな赤いボディも魅力の一つですね。
もちろんただ単にスリムでコンパクトというだけでなく、マルチ・ディメンショナル・モーフィングAiR音源によってグランドピアノと遜色のない音色も再現されています。
鍵盤を押さえる強さの違いが音色や音量にしっかりと現れますし、時間経過による音色の変化もリアルでスムーズ、またグランドピアノ特有の響きも得られます。
スマートスケーリングハンマーアクション鍵盤は、一つ一つの鍵盤のタッチ感が異なるグランドピアノの弾き心地での演奏を可能にしてくれるでしょう。
Bluetooth機能を使えばオーディオ再生も出来ますし、再生した音にサウンド効果をプラスしたり、曲に合わせて演奏したりする事も出来ますよ。

さらにミュージックライブラリーを60曲備える他、練習に便利なパートオン/オフ機能、自由な演奏を可能にしてくれるスプリット機能やレイヤー機能など、電子ピアノならではの機能も充実しています。

本格的な演奏を楽しめるコンパクトな電子ピアノが欲しい。
そんな方はCASIO(カシオ)のPX-S1000RDをお試しになってみてはいかがでしょうか。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ALESIS(アレシス)のSURGE MESH KITについて【電子ドラム】

電子ドラムは省スペースですし、音を気にせず演奏を楽しめる点も魅力です。
とはいってもアコースティックのような音色や叩き心地を味わえなくて物足りなさそう、などとお思いの方もいらっしゃるかもしれませんね。
しかし実際にはそんな心配は不要で、電子ドラムでもアコースティックと遜色のない演奏をお楽しみいただけます。
例えばALESIS(アレシス)のSURGE MESH KITは8ピースの電子ドラムキットで、プロも満足出来る仕上がりとなっています。

ALESIS(アレシス)のSURGE MESH KITの10インチ・デュアルゾーン・メッシュ・スネア、8インチ・デュアルゾーン・タム、8インチ・メッシュ・キック・パッド(ペダル付き)は、アコースティックドラム同様の叩き心地が再現されています。
さらにライド・シンバルやクラッシュ・シンバル(チョーク機能付き)、ハイハットは演奏スタイルを問いません。
20のプリセット・キットと16のユーザー・キットを備える40のドラムキット、385のサウンド、60のガイド・ソングを持つSurgeドラム・モジュールも、自由で表情豊かな演奏の実現に大きく貢献しています。
またリバーブや3バンドEQの内蔵エフェクトや80曲を備える内蔵シーケンサー、視認性の高いLCDディスプレイなどによって、簡単な操作で創造性の高い演奏も可能になっています。
そしてコンパクトで簡単に折りたたみも出来る設計となっている事に加えて、作りが頑丈である点も嬉しいですね。
AUX入力端子やUSB端子、MIDI入出力端子も備わっていますので、スマホやパソコン、スタジオ機器などとも気軽に接続出来ます。

ドラムとしての高い性能をぎゅっと凝縮したような、コンパクトなフルセットドラムキット、ALESIS(アレシス)のSURGE MESH KIT。
電子ドラムをお探しの方はぜひお試しになってみてください。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

YAMAHA (ヤマハ)のARIUS YDP-S54 について【電子ピアノ】

電子ピアノは様々なメーカーが多様なモデルを販売していますが、これからピアノを始めたいという方向けのエントリーモデルをお探しでしたら、YAMAHA (ヤマハ)のARIUS YDP-S54などはいかがでしょうか。
YAMAHA (ヤマハ)のARIUS YDP-S54をはじめとするARIUSシリーズは、アコースティックピアノの音とタッチ感が再現された電子ピアノです。
これからピアノに挑戦される方の初めての1台としても、趣味として長く使い続けたいという方にも、ぴったりのモデルですよ。

ARIUS YDP-S54は、YAMAHA (ヤマハ)のコンサートグランドピアノ「CFX」を音源としており、パワフルで輝くような音色と、低音のたっぷりとした響きを魅力としています。
またグレードハンマー3(GH3)鍵盤を採用し、低音から高音に向かうにつれ徐々に軽くなるグランドピアノ特有のタッチ感などもそのまま再現されていますね。
電子ピアノではヘッドホンを使っての演奏という状況も多くなると思いますが、その際もステレオフォニックオプティマイザー機能によって、まるでピアノ本体が鳴っているかのような感覚を得ながら演奏をお楽しみいただけます。
同時発音数は192音となっており、ペダルを存分に使っても音切れの心配はありません。
デザインもすっきりとコンパクトかつシンプルですので、室内の他のインテリアの邪魔になる事はないでしょう。

YAMAHA (ヤマハ)のARIUS YDP-S54は、そのスリムな本体に質の高い音色や弾き心地を備えており、電子ピアノでありながらもアコースティックピアノ同様の本格的な演奏を実現しています。
エントリーモデルではありますが、電子ピアノとして申し分のない音色や機能を十分に備えているモデルではないでしょうか。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Novation(ノベーション)のLAUNCHKEY 49 MKIIについて【MIDIキーボード】

エレクトロニックミュージックを作りたい。
そんな方にぜひおすすめしたいのが、Novation(ノベーション)のMIDIキーボード、LAUNCHKEY 49 MKIIです。
マウスで音楽制作をする際、作業におけるロスが多く、また思い通りにいかないとお感じの方も少なくないのではないでしょうか。
そこでNovation(ノベーション)のLAUNCHKEY 49 MKIIの出番です。
Ableton Liveのために作られたと言っても過言でないLAUNCHKEY 49 MKIIがあれば、鍵盤やノブなどを使って簡単に、思い付いたままにすぐさま音楽を作る事が出来るのです。
Ableton Live のクリップカラーを想定した16個あるRGBパッドは、クリップの起動やエフェクトの操作などを、コンピュータの画面を見ずに鍵盤で演奏しながら行う事が出来ます。
ベロシティ対応ですのでドラムの打ち込みにも向いています。
エフェクトやインストゥルメンツを思い通りに操作可能なロータリーノブも8つ備わっていますし、ミックスバランスの調整は9本のフェーダーで行えます。
またIn Controlテクノロジーが搭載されており、Ableton Liveの他、メジャーDAWでも問題なくお使いただけます。
Ableton Live LiteやNovation Bass Station、さらにV-Stationソフトシンセサイザーなどのソフトウェアも付いています。

Novation(ノベーション)のLAUNCHKEY 49 MKIIはAbleton Liveと相性抜群のMIDIキーボードですが、それ以外にも様々な使い方の出来る1台です。
まずは一度お試しになってみてください。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

FENDER CUSTOM SHOP(フェンダー)の1964 Jazz Bass NOS CARについて【ベース】

エレキベースの定番モデルの一つというと、FENDER CUSTOM SHOP(フェンダー)のJazz Bassですよね。
世の中には様々なデザインのエレキベースがありますが、その中でもFENDER CUSTOM SHOP(フェンダー)のJazz Bassのイメージが圧倒的に強いという方は少なくないと思います。
1960年生まれのJazz Bassは、現在でも数多くのベーシストを魅了し続けています。
フロントとリアにそれぞれピックアップを配し、ネック幅を細目にするなどの特徴を持つJazz Bassですが、基本的な形は受け継ぎつつも、作られた年代によって仕様には違いがみられます。
例えば1962年には2ボリュームとマスタートーンによる3ノブ仕様が用いられるようになりましたし、1970年代後半からはボディにアッシュ材が採用されています。
今回ご紹介するのは、1964年に作られた1964 Jazz Bass NOS CARです。
FENDER CUSTOM SHOP(フェンダー)の1964 Jazz Bass NOS CARはボディにアルダー、ネックにメイプル、指板にローズを採用したラウンド貼りという、Jazz Bassの中でも王道の仕様ですね。
総重量はおよそ4.3kgですので標準的な重さではあるものの、軽さを重視したモデルと比べると重く感じるかもしれません。
ただその分低音がきゅっと締まった印象になっています。
ピッキングニュアンスに対するレスポンスも申し分ありませんね。

エレキベースの王道FENDER CUSTOM SHOP(フェンダー)のJazz Bass。
その中でもさらに王道と言える 1964 Jazz Bass NOS CAR。
王道の中の王道のベース、皆様もぜひお試しになってみてはいかがでしょうか。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0
1 / 6812345...102030...最後 »

トップページ > ブログトップ > 楽器買取について

楽器買取方法とメニュー 買取楽器一覧
  • 鍵盤楽器
    電子ピアノ、エレクトーン、アップライト・グランドピアノ等
  • 木管楽器
    サックス、クラリネット、フルート、オーボエ等
  • 金管楽器
    トランペット、トロンボーン、ホルン、チューバ等
  • 弦楽器
    エレキギター、アコースティックギター、ベース、バイオリン等
  • 打楽器
    ドラム、電子ドラム、コンガ、ティンパニ、ボンゴ等
一覧
ブログランキング参加中
にほんブログ村 音楽ブログへ  

  • SEOブログパーツ

Return to page top