トップページ > ブログトップ > 楽器買取について > キーボード買取

キーボード買取 Archive

KORG(コルグ)のKROME-61について【キーボード】

「これからキーボードを始めたい」「そろそろキーボードを買い替えたい」などキーボードが欲しいと思っても、色々なメーカーから様々なモデルが発売されていますので、あれこれ悩んでしまいますよね。
それぞれのキーボードに異なる特徴がありますが、クオリティの高さを求めるならKORG(コルグ)のKROME-61はいかがでしょうか。

キーボードというとまず大事なのはピアノの音色です。
KORG(コルグ)のKROME-61では88鍵全鍵ステレオ・サンプリング/ノン・ループによってリアルなピアノサウンドを実現しています。

またエレクトリックピアノ・サウンドも代表的な3タイプを搭載しているだけでなく、8段階ベロシティ・スイッチによって高い表現力も備えられています。
他にもドラム・サウンドをはじめ、640プログラム、288コンビネーションという多種多様な音色が搭載されていますので、演奏にも楽曲制作にも重宝する事でしょう。

演奏の際に自然なタッチ感となるようセミ・ウェイテッド鍵盤を採用、パネル面は個性的なデザインのアルミパネルが使われています。
大型LCDディスプレイは演奏時でも見やすく、また簡単に操作できるようになっています。
USB端子やSDカード・スロットも搭載されていますので、データのやりとりも手軽に行えます。

使い勝手が良く質の高いキーボードが欲しい。
そんな方は一度KORG(コルグ)のKROME-61をご覧になってみてください。

この、KORG(コルグ)のKROME-61を現在楽器買取No.1では高価買取中です。
キーボードなど、あらゆる商品を対象にしておりますので、是非、自宅で眠っているものがありましたら楽器買取No.1までお気軽にご連絡ください。

出張圏内にお住まいでしたら、持ち運びが困難でも弊社より買取にお伺いすることもできますし、郵送、宅配でもお受けしております。
是非この機会に使わなくなったキーボード類を査定にお出しください!

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

YAMAHA(ヤマハ)のNP-12について【キーボード】

電子キーボードでもアコースティックピアノ感が欲しいと思う事はありませんか?
そんな方はYAMAHA(ヤマハ)のNP-12はいかがでしょうか。

YAMAHA(ヤマハ)のNP-12は、機能やデザインにおいてシンプルさを追求したキーボードです。
しかしそれでいてアコースティックピアノらしい、リアルで質の高い音色も持ち合わせています。

61鍵ボックス型のボディはアコースティックピアノの雰囲気を持ちつつ、コンパクトですっきりとしたデザインとなっています。
さらにスピーカーを搭載しながら軽量設計もされており、乾電池でも動きくので、どこでも気軽に演奏を楽しむ事ができます。
もちろんヘッドフォンを使っての演奏にも対応可能なので、場所も時間も気にせずに済みます。
また演奏を録音してチェックしたり、他の方と共有するなどといった使い方も可能です。

そして肝心の音色はというと、まずピアノ音色はYAMAHA(ヤマハ)のコンサートグランドピアノからサンプリングされています。
それに加えオルガンなどの10音色も利用でき、ピアノ曲と音色紹介デモ曲もそれぞれ10曲が搭載されています。
鍵盤はキーボードらしい柔らかなタッチ感を持ちつつ、強弱をつけて弾けば音色にもそれがしっかりと反映されます。

NP-12はアコースティックピアノらしい音色やタッチ感を備えたキーボードをお探しの方にぴったりのモデルです。

楽器買取No.1ではYAMAHA(ヤマハ)のNP-12をはじめ、各ブランドのキーボードの買取を行っていますので、不要なキーボードがございましたらお気軽にご相談ください。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Roland(ローランド)のVR-09について【キーボード買取】

ステージで即戦力になるようなキーボードが欲しい。
そんな方にぴったりなのがRoland(ローランド)のVR-09です。

Roland(ローランド)のVR-09は音源にプロスペックのピアノ、シンセサイザー、オルガンを採用しています。また、リアルタイム・コントロールを重視したキーボードとなっており、ユーザー・インターフェースは音源ごとに3ブロックに分けられています。

豊富なリアルタイム操作子のおかげでリアルタイム・パフォーマンスが向上されるでしょう。
Virtual Tone Wheel をはじめとしたRoland(ローランド)のハイエンド音源も採用されています。
重さは5.5kgと軽く、また電池駆動となっていますので、持ち運びも苦になりませんし、Dビーム・コントローラーやルーパー機能などといったライブパフォーマンスで活きる機能も充実しています。
ライブ・キーボーディストの要求が全て実現されていると言っても良いのではないでしょうか。

鍵盤はベロシティー対応の61鍵、223音色に最大同時発音数は128音、パート数はオルガン×3パート、ピアノ×2、シンセサイザー×2パート、ドラム×1パート、GM2×16パートとなっています。

キーボード買取を行っている楽器買取No.1では、ライブでの使用に最適なRoland(ローランド)のVR-09をはじめ、様々なキーボードを取り扱っています。ご不用になったキーボードがありましたらぜひ当店までご連絡下さい。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ALESIS(アレシス)のキーボードANDROMEDA A6高価買取中

本日は楽器買取No.1でも高価買取を行っているメーカー、ALESIS(アレシス)のご紹介です。

ALESIS(アレシス)はアメリカの音響機器メーカーで、シンセサイザーやミキサーなど幅広い製品の製造をしており、日本での代理店はニュマークジャパンコーポレーションです。


ALESIS(アレシス)の製品の中でも特に人気があるのが、シンセサイザー「ANDROMEDA A6」で、これまでにないパワフルさを備えたものであり、本物のアナログ・シンセサイザーとして高い評価を得ています。

中でもANDROMEDA A6は、ALESIS(アレシス)が特許を有する独自のASICテクノロジーに基づいて設計され、独創的な魅力に溢れ世界中の音楽家に愛されています。

ANDROMEDA A6の特徴としてはそのハイ・パフォーマンス性です。
16ボイス、16チャンネル、アナログ・オシレータ32基、フィルタ32基を搭載されています。

しかも、同時に最新のデジタル・エフェクトをコントロールするMIDI機能を備えています。
そのため、出力音はこれまでのデジタル・シンセサイザーやバーチャル・アナログ・シンセサイザーと比較しても、より暖かみがあり、分厚くアグレッシブな音色を奏でることができます。


楽器買取No.1では、ALESIS(アレシス)のANDROMEDA A6をはじめ、あらゆるメーカーのキーボードの高価買取をしております。
使わないキーボード、手放そうと思っているキーボードをお持ちの方は楽器買取No.1までお気軽にご相談ください。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

シンセサイザーとMIDIキーボードの違いについて

みなさん、こんにちは、楽器買取NO.1です。

今回は、シンセサイザーとMIDIキーボードの違いについて話したいと思います。

シンセサイザーとMIDIキーボードの違い、それを簡単に説明すると・・・
シンセサイザーは演奏のため、MIDIキーボードは入力のためのものです。


そして、
MIDIキーボードは、それ自体に音色がなくて、パソコンと接続してパソコンの音源を利用しなければなりません。
機能もシンプルな作りになっています。

その点、シンセサイザーは、そこに入っている音源は弾けるし、
パソコンと繋げばMIDIキーボードとしての役割も果たしてくれます。
そして、作りもしっかりしていて、演奏のためのいろんな機能が満載です。

ただ、MIDIキーボードに比べるとお値段が高くなりますし、大きさがあるので、場所を取ります。

なので、自分に合ったものを見つけてみて下さい。

迷った時は、楽器買取NO.1にご相談ください。必ず、お力になります。


MIDIキーボードを手放してシンセサイザーへと買い替える際にもぜひ一度お問い合わせください。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0
1 / 212

トップページ > ブログトップ > 楽器買取について > キーボード買取

楽器買取方法とメニュー 買取楽器一覧
  • 鍵盤楽器
    電子ピアノ、エレクトーン、アップライト・グランドピアノ等
  • 木管楽器
    サックス、クラリネット、フルート、オーボエ等
  • 金管楽器
    トランペット、トロンボーン、ホルン、チューバ等
  • 弦楽器
    エレキギター、アコースティックギター、ベース、バイオリン等
  • 打楽器
    ドラム、電子ドラム、コンガ、ティンパニ、ボンゴ等
一覧
ブログランキング参加中
にほんブログ村 音楽ブログへ  

  • SEOブログパーツ

Return to page top