トップページ > ブログトップ > 楽器買取について > ギター買取

ギター買取 Archive

Iron Label(アイアン・レーベル)のRGIXL7-ABLについて【エレキギター】

エレキギターは色々なカラーのものがございますが、美しい木目を活かしたデザインのギターというと、Iron Label(アイアン・レーベル)のRGIXL7-ABLがその一つでしょう。

ロー・グロスで木目を最大限活かしながら仕上げられているIron Label(アイアン・レーベル)のRGIXL7-ABLは、当然1本1本木目の出方が違います。
インレイのないフレットなど、ルックスのシンプルさが木目をより一層引き立ててくれており、ステージ映えも抜群です。

また硬いアッシュ材にリバースヘッドを採用し、ネックは27インチスケールと、メタルのためのモデルと言っても良いですね。
7弦は音がはっきりしないとお悩みの方も多いかもしれませんが、Iron Label(アイアン・レーベル)のRGIXL7-ABLならその心配は要りません。
DimarzioのFusion Edgeをボディに直接付ける事で、すっきりとしつつも濃縮された最高のサウンドが得られています。
Gibraltar Standard IIブリッジのボディへの取り付けもしっかりとしており、それぞれの弦の振動を余さず伝えてくれるでしょう。
コイル・タップSWも備わっていますので、クリーンサウンドでは心地よい歯切れの鮮明な音をお楽しみいただけます。

極薄のNitro Wizardネックとなっている事で、7弦ながらも高い演奏性が備わっています。
高精度のチューニングを実現すべく、Gotoh(R)ロッキングチューナーも搭載されています。

音も見た目もパワフルなエレキギターをお探しの方には、Iron Label(アイアン・レーベル)のRGIXL7-ABLをぜひおすすめしたいですね。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Paul Reed Smith(ポールリードスミス)のArtist V BLACK GOLD 2011について【エレキギター】

Paul Reed Smith(ポールリードスミス)は1991年からアーティストシリーズというシリーズを展開しています。
アーティストシリーズは厳選された上質な木材と最先端技術を用いる事に加え、ゴージャスな装飾も施されたシリーズで、Paul Reed Smith(ポールリードスミス)の数あるギターの中でも高い人気を集めています。

今回ご紹介するArtist V BLACK GOLD 2011もPaul Reed Smith(ポールリードスミス)の
アーティストシリーズのうちの一つで、上記のコンセプトに加え、エレキギターとしての美しさも追及された仕上がりとなっていますね。

Artist V BLACK GOLD 2011にはPaul Reed Smith(ポールリードスミス)オリジナルArtist Vピックアップが搭載されています。
このピックアップはポール・リード・スミス氏によってデザインされたもので、バランスに優れた素晴らしい音色をお楽しみいただけます。
また凝った作りのインレイとパーフリングもArtist V BLACK GOLD 2011の魅力の一つとなっており、選び抜かれた木材の美しさをさらに際立たせてくれていますね。
ボディはフレイムメイプルをトップに、バックにはマホガニーが使われています。
その他仕様としましてはV12 Finishや5 Way Blade SWが採用されている点も特徴となっています。

Paul Reed Smith(ポールリードスミス)のアーティストシリーズの中でも特にスペックの高いArtist V BLACK GOLD 2011。
様々な場面でお使いいただけるエレキギターですので、お見かけになった際はぜひお手にとってみてください。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

GIBSON(ギブソン)のES-175D 1970-72 について【エレキギター】


GIBSON(ギブソン)のアーチトップギターといえば、まずES-175Dを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
1949年に生まれたES-175Dはトップギタリストをはじめ多くのギタリストたちを魅了し、特にジャズシーンからは絶大な人気を誇っています。

ES-175D 1970-72は70年代に作られたES-175D、つまり40年以上前に作られたエレキギターであるという事ですが、その音色は劣化するどころか、むしろ熟成されて一層魅力的になっていると言って良いでしょう。
鮮明で温かな音色にはしっかりとした太さがあり、また艶やかさや若々しさも感じられます。

ES-175D 1970-72のボディにはメイプルが使われていますが、GIBSON(ギブソン)独自のラミネイト加工が施されている事で、単板トップとはまた違った味わいをサウンドにプラスしてくれています。
またネックには3ピースのマホガニー、指板にはローズウッドが使われています。
心地の良い響きはジャズシーンにぴったりですが、ソリッドなトーンもお楽しみいただけますので、スタイルを問わず重宝できるでしょう。

小振りなボディは抱えやすく、またネックは薄めかつ幅広になっていますので、演奏性も高くなっています。

GIBSON(ギブソン)のES-175D 1970-72は特にメロウなサウンドのジャズギターをお探しの方におすすめしたいエレキギターですね。

また、マルカートでは皆様の楽器を高価買取しております。
お手元に不要な楽器をお持ちの方は、ぜひお気軽にマルカートまでご相談ください。多数買取実績もございますので、無料査定もお気軽にご利用ください。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

YAMAHA(ヤマハ)のFG-150 1970sについて【ギター】

今でこそ国産のアコースティックギターは数多くありますが、初めて日本製のアコースティックギターが発売されたのは1966年でした。

初めての日本製アコースティックギターはYAMAHA(ヤマハ)が作製したFG-180とFG-150で、今でも高い人気のあるモデルです。
FG-180はウェスタンボディ、FG-150は小振りのフォークサイズで、いずれも価格を抑えつつ、それでいて細部にまでこだわって作られており、素晴らしい鳴りが特徴です。
赤ラベルという名称でも知られていますね。

今回ご紹介するFG-150 1970sは1970年製のFG-150です。
トップにスプルース、サイド&バックとネックにマホガニー、指板&ブリッジにはローズウッドが使われています。
YAMAHA(ヤマハ)のギターの初期モデルに多いエックスブレイシングのトップ構造となっており、指板スモールドットや音叉ヘッドマーク、オリジナルの三角ロッドカバーやオープンバックペグ、スモールピックガードが採用されています。

FG-150 1970sは音の抜けが素晴らしく、高音域がやや強いのが魅力です。
レスポンスも抜群で、ストロークの際にはピッキングそのままに、アルペジオでは一音一音がはっきりと鳴ってくれます。
どの音域でもしっかりとした調和が感じられ、ハイポジションでも美しいセーハコードが楽しめます。
YAMAHA(ヤマハ)のFG-150 1970sは特に弾き語りやロック、ブルースなどにおすすめしたいギターです。

マルカートでは皆様の今お持ちの楽器を大切に、適正価格にて高価買取しております。
楽器の買替や手放したい楽器をお持ちの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

MOMOSE(モモセ)MST2-TW/NJ WBDについて【エレキギター】  

日本のギター製作者と言うと、百瀬恭夫の名を挙げる方も多いのではないでしょうか。
彼の作るギターを演奏してみたいとお思いの方も少なくないでしょう。
そんな方はMOMOSE(モモセ)のギターをお試しになってみてはいかがですか?
MOMOSE(モモセ)は百瀬恭夫が指導・監修を行うブランドで、彼が認めたクラフトマンたちが全て手作りで楽器製作を行っています。

例えばMST2-TW/NJ WBDはネック材にサーモ・メイプルを使用した点が大きな特徴となっているエレキギターです。
サーモウッドは無酸素状態の中、高温(180~240度)で水蒸気を加えつつ加熱処理された木材の事ですが、この加熱処理によって耐久性と寸法安定性が増し、さらに音響面でも良い効果が得られるとされています。
MST2-TW/NJ WBDではサーモ・メイプルをネックに使っていますが、それによってネックが反りにくくなっているのです。

また音質面では豊かな倍音が得られるようになり、音の抜けも良くなっています。
さらにMST2-TW/NJ WBDではサーモ・メイプルにアッシュボディを組み合わせる事で、パワフルに鳴るハイ・ローや、多彩な表情を持つ音色も手に入れています。
その他仕様としましては指板にローズウッド、MOMOSE(モモセ) オリジナルのTWANG50 STをピックアップに採用しています。

アッシュボディらしい華やかさと渇いた高域に加え、MOMOSE(モモセ)ならではの滑らかさも併せ持っており、ヴィンテージ感とも相まって実に魅力的な音色を奏でてくれます。

百瀬恭夫ファンもそうでない方も、ぜひ一度MOMOSE(モモセ)のMST2-TW/NJ WBDをお手に取ってみてください。

楽器買取No.1では皆様のお探しの楽器の販売はもちろん、皆様の楽器の高価買取も行っております。
売りたい楽器がある方は、ぜひ一度楽器買取No.1までお気軽にご相談ください。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0
1 / 2712345...1020...最後 »

トップページ > ブログトップ > 楽器買取について > ギター買取

楽器買取方法とメニュー 買取楽器一覧
  • 鍵盤楽器
    電子ピアノ、エレクトーン、アップライト・グランドピアノ等
  • 木管楽器
    サックス、クラリネット、フルート、オーボエ等
  • 金管楽器
    トランペット、トロンボーン、ホルン、チューバ等
  • 弦楽器
    エレキギター、アコースティックギター、ベース、バイオリン等
  • 打楽器
    ドラム、電子ドラム、コンガ、ティンパニ、ボンゴ等
一覧
ブログランキング参加中
にほんブログ村 音楽ブログへ  

  • SEOブログパーツ

Return to page top