トップページ > ブログトップ > 楽器買取について > 管楽器買取

管楽器買取 Archive

Vincent Bach(ヴィンチェットバック)の180ML37SPについて【トランペット】

金管楽器専門ブランドであるVincent Bach(ヴィンチェットバック)では、1924年からバックトランペットの取り扱いをはじめました。
Vincent Bach(ヴィンチェットバック)のトランペットはバイオリンにおけるストラディヴァリウスのような存在であると称された事もある程ですので、質の高さは申し分ないと言えるでしょう。

そのVincent Bach(ヴィンチェットバック)のトランペットの中でも、特に人気の高いモデルが180ML37SPをはじめとした180シリーズですね。
180モデル・MLボアの180MLはプロを含めた上級者はもちろん、初心者にも扱い易いスタンダードモデルのトランペットです。

37ベル、シルバープレート仕上げの25マウスパイプとなっており、豊かで濃密な音が大きな魅力です。
1枚取り工法ベルのワンピースベルのおかげで大きく良質な響きが実現しており、反応や抵抗感、通達感も絶妙です。
心地良い歯切れや明るさも持っており、オーケストラや吹奏楽をはじめ、ジャンルを問わず大活躍する事でしょう。

180ML37SPは180MLのゴールドブラスベルをシルバーメッキで仕上げており、暗さと柔らかさを孕んだ、はっきりとした鮮明な音色となっています。

「まずは定番モデルのトランペットが欲しい」「クオリティの高いトランペットで演奏を楽しみたい」とお思いの方は、ぜひ180ML37SPをお試しになってみてはいかがでしょうか。

楽器買取マルカートでは皆様の管楽器を含めた楽器を高価買取しております。
楽器を売りたい方はもちろん、買替時にもお気軽にご相談ください。皆様の楽器を大切に買取させていただきます。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

QueenBrass(クィーンブラス)のHino Model SPについて【トランペット】 

ジャズトランぺッターといえばまず、日野皓正氏を挙げる方も多いでしょう。
その日野皓正氏と楽器職人である深谷政已氏がコラボして日野皓正パーソナルモデルのトランペットを作り上げました。
それがQueenBrass(クィーンブラス)のHino Model SPです。

QueenBrass(クィーンブラス)のHino Model SPは日野氏が重要視する音の重さを、深谷氏がとことん追求して開発されました。
ヘヴィ・マウスピース・レシーヴァーを使う事でマウスピースの振動がしっかりと伝わるようになっています。

またチューニングスライドも採用しており、薄い金属板をクルーク外側に貼り、内側にはヒレを設置してあります。
ヒレは響きを考えて作られたもので、支柱と同じような抵抗感を生み出します。

さらにヘヴィ・ボトム・キャップに加えヘヴィタイプのトップ・キャップも使っています。
薄い金属板を2番抜き差し管にも貼り付けていますので、振動を逃がさず伝えてくれます。
そしてベルには日野氏の座右の銘「Rice and Beans」と直筆サインを彫ったバッジが貼られています。

QueenBrass(クィーンブラス)のHino Model SPは演奏家と楽器職人がお互いにこだわりぬいて作られていますので、日野皓正氏のファンの方はもちろん、そうでない方にもおすすめしたいトランペットですね。

楽器買取No.1では、皆様のトランペットの高価買取をしております。
トランペットの買替をお考えの際には、ぜひ楽器買取No.1までお気軽にご相談ください。
楽器買取No.1では無料出張買取を行っておりますので、搬出の手間もかかりません!まずは、お気軽にご相談ください。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Cadeson(カドソン)のT-902ASについて【サックス】

楽器の音色は素材などに大きな影響を受けるものですが、それはサックスに関しても同様です。
サックスも素材によって音色が異なりますし、見た目の色の違いも音色に影響してきます。

例えばCadeson(カドソン)のT-902ASは古青銅にアンティークサテン仕上げという珍しい見た目をしています。
独特の雰囲気を持った渋い見た目のCadeson(カドソン)のT-902ASは音色もとても個性的です。
音色にも外観同様渋さが感じられますが、同時に柔らかさも持っており、響きも実に豊かです。

特に中高の倍音においては他にはないピークがあります。
またヴィンテージサックスなどに使われる事の多いカーリングトーンホールを採用した事でパッドが密閉されやすくなっています。
それにより音の勢いをそのままにベルへと送る事が可能になり、レスポンスも向上しました。

さらに金属製のメタルブースターをタンボに使用しています。
細部にまで手間暇をかけて作られており、人気も高いモデルですね。
製造は台湾で行われていますが、輸入後にキィを一旦外して再調整を行っており、申し分のない仕上がりとなっています。

見た目も音色も個性的、かつ高い操作性や爽快な吹き心地など、Cadeson(カドソン)のT-902ASはヴィンテージサックスがお好きな方はもちろん、そうでない方にもぜひおすすめなサックスです。

楽器買取No.1では、サックスの高価買取も行っております。
買替の際には、今までお使いのものは買取に出しませんか?皆様の楽器を大切に買取させていただきますので、お気軽にご相談ください。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

YAMAHA(ヤマハ)のYFL-311について【フルート】

ピアノをはじめ多くの楽器を扱うYAMAHA(ヤマハ)では、フルートももちろん取り扱っています。
YAMAHA(ヤマハ)のフルートにはハンドメイドモデルやプロフェッショナルモデルもありますが、今回はスタンダードモデルのうちのひとつ、YFL-311をご紹介しましょう。

フルートは頭部管が音に大きな影響を与えますが、YFL-311は頭部管に銀を使った事で音色に深みとまろやかさが加わっています。
コントロールも容易ですし、響きには豊かさと明るさがあり、吹き心地も爽快です。

また音色のバランスと響きやすさを考えて管体パイプには白銅が使われています。
頭部管の銀以外の仕様としてはYFL-211のものをそのまま受け継ぎつつ、200シリーズの持つ高い操作性と耐久性も持ち合わせています。
例えばキイポストは強度や耐久面を考えて太く設計されており、長期間のご使用にも耐えられます。

キイは指に馴染みやすくまた不自然な姿勢にならないよう、なめらかな曲面によって形作られています。
さらに狂いにくくメンテナンスもしやすいYAMAHA(ヤマハ)独自設計の調整ネジを使っているのもYFL-311の特徴ですね。

ジョイント部にはアジャストマークがついており、組み立てやすくもなっています。
Eメカも付いており、これからフルートを始めようとお考えの方にもぴったりのモデルです。

楽器買取No.1では、皆様の楽器買取をしております。
新しい楽器を購入する際には、今お持ちの楽器を買取に出しませんか?その際には、ぜひ楽器買取No.1までお気軽にご相談ください。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Buffet Crampon(クランポン)のDivineについて【クラリネット】

クラリネットを扱う代表的なメーカーと言えばBuffet Crampon(クランポン)がそのひとつでしょう。
その中でも最上位モデルでありRC系統の進化系とされているのがDivineです。

Divineは、Buffet Crampon(クランポン)の公式テスターのポールエイメ氏や世界的に有名なクラリネット奏者と共に開発されました。
これまでBuffet Crampon(クランポン)が培ってきた伝統と最新の技術とが上手く引き立て合う事によって素晴らしいクラリネットを生み出しています。

音色はしっとりと柔らかく、音程は確か、吹奏感は全ての音域において均質が取れています。
質の高いアフリカ産グラナディラを管体に使用し、また新素材のグリーンラインを上管の一部のトーンホールに埋め込む事でパッドの密閉性を高めています。
それに加えひび割れが起こるリスクを減らす事にも成功していますね。

カーボンファイバー製の補強リングを接合部分につけた事で楽器そのものも軽くなっています。
LowFコレクションキィも標準装備されており、またキィシステムは柔軟に演奏できるよう人間工学を基に設計されています。
キィのデザインはDivineのために設計されたオリジナルデザインで、可動式指掛けとなっています。

音域による差を感じず、負担なくスムーズに演奏できるクラリネットをお探しの方にぜひおすすめしたいモデルです。

楽器買取No.1では、クラリネットの高価買取も行っております。
買替の際には、今までお使いのものは買取に出しませんか?
皆様の楽器を大切に買取させていただきますので、お気軽にご相談ください。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0
1 / 212

トップページ > ブログトップ > 楽器買取について > 管楽器買取

楽器買取方法とメニュー 買取楽器一覧
  • 鍵盤楽器
    電子ピアノ、エレクトーン、アップライト・グランドピアノ等
  • 木管楽器
    サックス、クラリネット、フルート、オーボエ等
  • 金管楽器
    トランペット、トロンボーン、ホルン、チューバ等
  • 弦楽器
    エレキギター、アコースティックギター、ベース、バイオリン等
  • 打楽器
    ドラム、電子ドラム、コンガ、ティンパニ、ボンゴ等
一覧
ブログランキング参加中
にほんブログ村 音楽ブログへ  

  • SEOブログパーツ

Return to page top