トップページ > ブログトップ > Marshall(マーシャル) | アンプ買取 > MARSHALL(マーシャル)のDSL40C【アンプ高額買取中】

MARSHALL(マーシャル)のDSL40C【アンプ高額買取中】

こんにちは。
寒い日が続いていますが皆さん、風邪などひいていませんか?

この寒さ、熱いサウンドであったまりましょう!
ということで、その為にはガンガンパワフルなサウンドを生み出してくれるアンプも必須アイテムですよね。

そこで、本日ご紹介するのはMARSHALL(マーシャル)のDSL40Cです。

言わずとしれたアンプメーカーのMARSHALL(マーシャル)で、多くのギタリストに支持された1997年発売のJMC2000シリーズの中でも特に人気の高かったのが2chモデルDSL。

その名称を冠した新シリーズとして登場したのがこのDSL40Cです。
「DSL=デュアル・ スーパー・リード」の由来の通り、スタジオ・クオリティの内蔵デジタル・スプリング・リバーブと、JCM800 2203の領域からその先のサウンドまでを実現するプリアンプ・ゲインが加えられています。

DSL40C(40Wコンボ)は、DSL100Hを40W1x12″コンボにしたもので、カスタム・ボイシングのセレッション・スピーカーを搭載し、オリジナルのJCM2000 DSLと同様に、シンプルなコンセプトに基づいていて作られています。

世界的にも評価の高い1959スーパー・リード・プレキシSLP100Wヘッド のEL34を採用したパワー・ステージとデュアル・チャンネル・ バルブ・プリアンプを組み合わせて、フットスイッチで切り替えられる 2つのスーパー・リードを1つにする構造になっています。

また、フットスイッチで切り替え可能のクラシック・ゲインとウルトラ・ゲインの2つのチャンネルがあり、それぞれのチャンネルにフロントパネルのスイッチで選択できる2つのモードがあります。

2つのチャンネルは、ベース/ミドル/トレブルのシンプルで使い易いパッシブ3バンドEQを共有。
そして、イコライザー・セクションにはトーン・シフトを装備していて、これを押すことによってギター・サウンドの中域がカットされ、特に ハイゲインの設定と組み合わせると荒々しいモダンなメタル・トーンにすることが可能です。


リアパネルのペントード/トライオード・ スイッチでフルパワーやハーフパワーの出力を選べることも、新DSLの魅力となっています。

幅広いトーンのサウンドが実現可能なMARSHALL(マーシャル)DSL40Cで熱い冬にしましょう!


楽器買取№1ではMARSHALL(マーシャル)のDSL40Cを始め、只今アンプを集中的に高価買取中です。
物置になってしまってるアンプの処分など、どうぞお気軽にご相談ください。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================


トップページ > ブログトップ > Marshall(マーシャル) | アンプ買取 > MARSHALL(マーシャル)のDSL40C【アンプ高額買取中】

楽器買取方法とメニュー 買取楽器一覧
  • 鍵盤楽器
    電子ピアノ、エレクトーン、アップライト・グランドピアノ等
  • 木管楽器
    サックス、クラリネット、フルート、オーボエ等
  • 金管楽器
    トランペット、トロンボーン、ホルン、チューバ等
  • 弦楽器
    エレキギター、アコースティックギター、ベース、バイオリン等
  • 打楽器
    ドラム、電子ドラム、コンガ、ティンパニ、ボンゴ等
一覧
ブログランキング参加中
にほんブログ村 音楽ブログへ  

  • SEOブログパーツ

Return to page top