トップページ > ブログトップ > Marshall(マーシャル)、アンプ買取 > Marshall(マーシャル)の1974Xについて【アンプ】

Marshall(マーシャル)の1974Xについて【アンプ】

名機と呼ばれるアンプは数多くございますが、Marshall(マーシャル)ですと1974がその一つではないでしょうか。
1966~1968年に作られていたコンボ・アンプで、仕様や回路構成、操作に関してはとてもシンプルだったものの、サウンドとフィールは本当に素晴らしいモデルでしたね。

Marshall(マーシャル)では、そんな1974を1974Xとして甦らせています。
1974は大音量でのファットな音と豊かな表情が特に魅力的でしたが、音量を絞った際にクリーン・トーンに厚みがある点も人気の理由の一つとなっていました。
1974Xでも、それらの魅力がしっかりと再現されています。
ピッキングのダイナミクスに抜群のレスポンスを発揮し、ディストーションに入るか入らないかの音量でのパワフルなピッキングでは絶妙の歪みが、また控えめのアタックですと綺麗なクリーンをお楽しみいただけます。
ビンテージ・スピーカーのパラメーターを元に再現したスピーカーを搭載しており、滑らかかつパンチのある音色を生み出してくれています。
トレモロはオリジナル同様真空管駆動ですので、美しく鮮明なビンテージ・トレモロを生み出しつつ、かかりも抜群です。
アンプならではのまっすぐでファットな音色は申し分のない存在感を持っていますね。
ノントレモロチャンネルのチャンネル1には2つの入力端子を、トレモロチャンネルのチャンネル2には高感度と低感度の入力端子をそれぞれ1つずつ備えています。
これらの入力端子によって、輝くような明るい音色と温もりある音色とを使い分ける事が出来るでしょう。
さらにトレモロのオンオフを切り替えられるフットスイッチも付いています。

オリジナルの1974を手に入れるのは簡単ではないと思いますが、Marshall(マーシャル)の1974Xなら、懐かしの名機を思う存分堪能する事が出来ますよ。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================


トップページ > ブログトップ > Marshall(マーシャル)、アンプ買取 > Marshall(マーシャル)の1974Xについて【アンプ】

楽器買取方法とメニュー 買取楽器一覧
  • 鍵盤楽器
    電子ピアノ、エレクトーン、アップライト・グランドピアノ等
  • 木管楽器
    サックス、クラリネット、フルート、オーボエ等
  • 金管楽器
    トランペット、トロンボーン、ホルン、チューバ等
  • 弦楽器
    エレキギター、アコースティックギター、ベース、バイオリン等
  • 打楽器
    ドラム、電子ドラム、コンガ、ティンパニ、ボンゴ等
一覧
ブログランキング参加中
にほんブログ村 音楽ブログへ  

  • SEOブログパーツ

Return to page top