トップページ > ブログトップ > Martin(マーチン)、アコースティックギター買取 > MARTIN(マーチン)のD-41 (2018)について【アコースティックギター】

MARTIN(マーチン)のD-41 (2018)について【アコースティックギター】

MARTIN(マーチン)では数多くのアコースティックギターを取り揃えていますが、その中でも定番モデルとなっているものの一つがD-41です。
1968年の誕生から現在まで、多くのギタリストに支持され続けているD-41は、同じくMARTIN(マーチン)のD-45よりも少しライトな仕様となっています。
D-41は指板のヘキサゴンインレイがD-45よりも小さくなっており、またD-45にはあったボディーのネック接合部におけるパーフリングとバックパーフリングもなくなっています。
2018年版のD-41 (2018)はシトカスプルースをトップに、インディアンローズウッドをサイド&バックに採用しており、ナット幅は44.5mmですね。
ネックはセレクトハードウッド、指板&ブリッジはエボニーが使われています。
いずれの材も質の高いものを使っており、パワフルで輝くような音色をお楽しみいただけます。
MARTIN(マーチン)のHD-28の音色に倍音成分を足したようなサウンドを持ち、さらにファットなD-28と感受性豊かなD-45の特徴も兼ね備えていますね。
D-41 (2018)は表板にエイジングトナーを施し、オープンギアのゴールドペグを搭載、またフォワードシフテッド・スキャロップドXブレイシングやアバロンヘキサゴンフィンガーボードインレイを採用している点も魅力となっています。
ナット幅は若干広めではありますが、ロープロファイルネックとなっておりますので、幅広さを気にせず演奏出来るでしょう。

これまでMARTIN(マーチン)のD-41をお試しになった事がある方にもそうでない方にも、ぜひ2018年仕様のD-41 (2018)をお試しになってみていただきたいですね。

================================
楽器買取専門店 楽器買取No.1
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせはこちらから
http://www.gakkikaitori-no1.com/info/contact.html
================================


トップページ > ブログトップ > Martin(マーチン)、アコースティックギター買取 > MARTIN(マーチン)のD-41 (2018)について【アコースティックギター】

楽器買取方法とメニュー 買取楽器一覧
  • 鍵盤楽器
    電子ピアノ、エレクトーン、アップライト・グランドピアノ等
  • 木管楽器
    サックス、クラリネット、フルート、オーボエ等
  • 金管楽器
    トランペット、トロンボーン、ホルン、チューバ等
  • 弦楽器
    エレキギター、アコースティックギター、ベース、バイオリン等
  • 打楽器
    ドラム、電子ドラム、コンガ、ティンパニ、ボンゴ等
一覧
ブログランキング参加中
にほんブログ村 音楽ブログへ  

  • SEOブログパーツ

Return to page top